あなたの健康百科

思い出そう昨夏の猛暑を、今年も熱中症に要注意

 まためぐり来る暑熱の季節―。7月4日現在、気象庁が梅雨明けを発表したのは沖縄のみだが、梅雨明けとともに一気に懸念が高まるのが熱中症だ。思い返してほしい昨年(2018年)の夏を。6~9月の全国の...

query_builder2019/07/17

食育のカギは親の生活習慣にあり

 子供の健康増進には、栄養教育(食育)による子供の食習慣の改善が重要となる。例えば、小児肥満には睡眠不足、テレビやインターネットなどのメディア視聴時間の長さ、朝食の欠食、孤食などが影響するとされ...

query_builder2019/07/10

金銭管理能力の低下、年のせいではないかも...?

 誰でも年を取ると、買い物の支払いの際に手間取ったり、帳簿の管理がうまくできなくなったりする。とはいえ、こうした変化を「もう年だから」と軽く見ない方がいいかもしれない。米・デューク大学精神・老年...

query_builder2019/07/03

たった16分の寝不足が仕事に悪影響?

 睡眠不足が身体の不調を招くことはよく知られている。しかし、具体的にどのくらい不足すると私たちの生活に悪影響が及ぶのだろう?米・University of South FloridaのSoomi...

query_builder2019/06/26

あなたの下痢、本当にストレス性?

 新学期や社会人生活がスタートして2カ月、何かと精神的な緊張を強いられた新入生や新社会人の中には、下痢に悩まされた方も少なくないだろう。下痢の多くは、環境の変化に慣れるにつれ、徐々にストレスが減...

query_builder2019/06/20

バニラの香り成分に鎮痛効果

 アイスクリームやお菓子のフレーバーとしておなじみのバニラは、主成分のバニリンによる甘い香りが特徴的である。バニリンは香水やアロマオイルにも使われるなどリラックス効果があるとされるが、そうした効...

query_builder2019/06/19

なぜ、確認行動はやめられないのか

 外出後に「鍵をかけ忘れたかも」と不安になって引き返した、明日のテストが心配で眠れなくなった、大事なプレゼン資料に間違いがないか何度も確認したという経験がある人は少なくないだろう。これらの不安や...

query_builder2019/06/12

仕事のストレスと睡眠障害、組み合わさると危険度up

 厚生労働省の『平成29年国民健康・栄養調査』によると、高血圧(収縮期血圧140mmHg以上)の成人の割合は男性37.0%、女性27.8%と、およそ3割に及ぶ。仕事のストレスや睡眠不足は、健康な...

query_builder2019/06/05

仮想通貨の取引に精神疾患の危険性あり

 昨今話題の仮想通貨。決済にかかる手間やコストなどが抑えられるという利点があるが、健康を損なうリスクも潜んでいることが明らかにされた。米・Rutgers UniversityのDevin J. ...

query_builder2019/05/29

この時期の新入社員の退職、半数の企業で

​過去3年間で入社後3カ月以内に退職した新入社員がいた企業は半数以上に上ることが、メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティックが企業の人事担当者を対象に行ったインターネット調...

query_builder2019/05/22

日中の食いしばりで歯並びが悪化

 睡眠中の悪癖として、いびきと並んで悪名が高い歯ぎしり。騒音で一緒に寝ている人に迷惑をかけるだけでなく、歯ぎしりを放置すると歯が磨耗したり、詰め物が取れたり、顎関節症や歯周病、首・関節の痛みなど...

query_builder2019/05/15

朝食はきちんと食べ、夕食は就寝2時間前には終えよう

 朝食を抜き、夕食を就寝直前に取る人は心臓発作後1年以内に死亡する確率が高いかもしれない。ブラジル・São Paolo State UniversityのMarcos Minicucci氏らは、...

query_builder2019/05/08

卵を1日半個食べるごとに心血管疾患のリスクが上がる?

​卵好きな方には少々残念な研究結果が、米国Northwestern大学のVictor W. Zhong氏らによって発表された(JAMA 2019; 321: 1081-1095)。コレステロール...

query_builder2019/04/24

お母さんは自分のために救急車を呼ばない~早めの対応が明暗を分ける!背中の痛み15分で救急車を~

​ジェンダー間の平等が多様な分野で唱えられているが、医療へのアプローチにおける不平等は依然として存在する。虚血性心疾患は世界の男女の主要な死因の1つであるが、その管理における男女間格差の存在が明...

query_builder2019/04/17

災害時の血栓対策―熊本地震の教訓を生かそう

 2016年4月14日の熊本地震から間もなく3年を迎える。震災などの被災者には深部静脈血栓症(DVT)が起こりやすいことが知られているが、熊本地震後1カ月におけるDVTの詳細な調査結果が4月6日...

query_builder2019/04/12

日本人の76歳の健康度は世界の65歳の健康度に匹敵

 高齢化が社会に及ぼす影響を調べるためには、寿命だけではなく、加齢に関連する疾患や認知機能低下のインパクトを合わせて検討する必要がある。1990年から2017年にかけて、世界195カ国の疾患によ...

query_builder2019/04/10

あなたのお子さんの眼は大丈夫?

 タブレットPC(以降、タブレット)やスマートフォン(以降、スマホ)などのデジタルデバイスの普及は、社会に多くの利益をもたらした。その一方で、スマホ難聴、スマホ老眼など、新たな健康被害も生まれて...

query_builder2019/04/03

朝の運動+座りっぱなしを止めることで血圧が低下

​肥満を伴った高齢者では、毎朝30分のウオーキングで血圧が下がることが、西オーストラリア大学の研究で分かった。女性の場合、長時間の座りっぱなしをやめると、さらに降圧効果が強まるという。今後は、コ...

query_builder2019/03/27

長生きしたければ運動を

​米国・Cleveland クリニック のSerge C. Harb氏らは、12万人超の患者に対し、運動ストレステストを実施し、実年齢よりも同テストにもとづいた推定年齢の方が寿命の予測因子として...

query_builder2019/03/20

幼児の脳の発達に親の応援が影響

 「成功/失敗」や「正解/不正解」に対する外部からのフィードバックは、行動や学習に重要な役割を果たすとされている。東京大学大学院総合文化研究科教授の開一夫氏と中部大学人文学部心理学科講師の川本大...

query_builder2019/03/13

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント