あなたの健康百科

スマホ依存の関連因子を探る

 世界で20億人以上が所有しているとされるスマートフォン(スマホ)。利便性が高く医療現場での活用も進められる一方、心身への悪影響が指摘されていることも事実だ(関連記事「ギャンブルやゲームへの依存...

query_builder2020/09/23

温暖化と寒冷化、死亡率高いのはどっち?

​気候変動に伴う極端な気象条件が健康障害に影響を及ぼし、大きな関心が寄せられている。近年では猛暑が原因で、外来および入院患者が増加している。しかし、米・School of Public Heal...

query_builder2020/09/16

世界の乳がんは増加傾向

​世界の乳がん罹患率は上昇傾向にあり、患者増加による疾病負担が世界的に増大していることが示された。カナダ・Alberta Health ServicesのEmily Heer氏らが、41カ国44...

query_builder2020/09/09

初の禁煙治療用アプリが承認

​株式会社CureAppは8月21日、禁煙治療補助システム「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)が厚生労働省から製造販売承認を取得した...

query_builder2020/09/03

高齢者1,300万人がオンライン診療難民?

新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、各国でオンライン診療の導入が急速に進んでいる。誰もがいつ・どこでも使用でき利便性が大きい半面、機器の操作に不慣れだったり障害があったりする高齢者では、その恩...

query_builder2020/08/27

チョコレートで冠動脈疾患リスク低下

 週1回以上のチョコレート摂取と冠動脈疾患(CAD)リスクの低下に関連が認められたとするメタ解析の結果が明らかになった。米・Baylor College of MedicineのChayakri...

query_builder2020/08/19

日本食多く摂ると死亡リスク低下

 東北大学大学院公衆衛生学分野の松山紗奈江氏らは、日本人の生活習慣病予防や健康寿命の延伸を目的に実施している大規模コホート研究JPHC Studyの調査結果を基に、日本食の摂取と死亡との関連を検...

query_builder2020/08/13

第1波と何が違う?大曲氏が対策呼び掛け

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規感染者数が7月29日に国内で初めて1,000人を超え、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。国立国際医療研究センター病院国際感染症センター...

query_builder2020/08/05

脳の発達に「雅楽」が有効?

​近年、音楽聴取と脳の聴覚機能発達や言語聴覚機能向上との関連が報告され、世界的にメカニズムの解明が進められている。東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構の大黒達也氏らは、日本...

query_builder2020/07/31

「社会的距離」に潜む危険

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック下で今や世界中で行われている「社会的距離(social distancing)」。だが、感染予防への効果が期待される一方、人々に身体的お...

query_builder2020/07/29

2100年までに日本の人口が半減

​米・University of Washington, Institute for Health Metrics and Evaluation(IHME)のStein Emil Vollset...

query_builder2020/07/22

花の画像でストレス緩和

 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の研究グループは、花の画像観賞が脳の活動に影響を与え、心理的、生理的に生じたストレス反応を緩和することが明らかになったとし、Science Direc...

query_builder2020/07/16

世界の5人に1人にCOVID-19重症化リスク

​英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのAndrew Clark氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2017および国連世界人口推計202...

query_builder2020/07/08

禁煙治療用アプリ、年内に保険適用へ

6年19日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の医療機器・体外診断薬部会の定例部会は、CureAppが研究開発したニコチン依存症治療アプリの薬事承認を了承した。同社代表取締役社長で呼吸器内科医の佐...

query_builder2020/07/02

身体的距離は1mで感染に予防効果

​新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止策として、身体的距離の確保、マスクおよび目を防護するアイシールドの着用が有効とされている。カナダ・McMaster Universityの...

query_builder2020/06/23

コロナ流行下の熱中症予防策を4学会が提言

日本救急医学会、日本感染症学会、日本臨床救急医学会、日本呼吸器学会の4学会は、6月1日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を踏まえた熱中症予防に関する緊急提言をまとめ、発表した。...

query_builder2020/06/16

抗凝固療法でCOVID-19重症例の死亡が低減か

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と血栓症との関連が、臨床現場で注目を集めている。米・Hasso Plattner Institute for Digital Health at M...

query_builder2020/06/09

ドライアイ自覚症状の悪化は抑うつリスク

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延に伴い、テレワークによる作業環境の変化やパソコンのモニターを長時間見続けるVDT作業によるドライアイが増加している。順天堂大学大学院眼科学教授...

query_builder2020/05/28

ヨガ併用で片頭痛が緩和

​インド・All India Institute of Medical SciencesのRohit Bhatia氏らは、片頭痛患者を対象に、従来の薬物療法にヨガを追加する併用療法の有用性を前向...

query_builder2020/05/21

1回の血液検査で50種類以上のがんを検出

 血中遊離DNA(cell-free DNA;cfDNA)のメチル化状態を解析する技術を用いることで、1回の血液検査で50種類以上のがんを検出でき、がんが存在する部位も特定できたとの研究結果を、...

query_builder2020/05/13

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント