あなたの健康百科

薄毛対策にワカメは無効?

1,000人対象の意識調査結果発表

query_builder2018/11/14

脳の曲がり角は何歳か?

マーケティング会社のネイチャーラボ(東京都)が、9月21日の世界アルツハイマーデーに関連して行った脳の健康に関する調査から、脳の衰えを感じる人が40歳代に入ると大幅に増加するなど、40歳が「脳の...

query_builder2018/11/07

朝食抜きは脂質異常症のリスクに

 朝ごはんはしっかり食べましょう―子どものころから何度も言われているし、健康のために食べた方がいいのは分かっているが、朝食より睡眠やダイエットを優先しているという人も少なくないのでは。このたび、...

query_builder2018/10/31

軽い運動でも記憶力が向上~ヨガや太極拳がお勧め?~

 軽い運動を短時間行うだけで記憶力が向上することが筑波大学体育系教授の征矢英昭氏らの研究で分かった。これまで動物実験では確認されていたが、今回ヒトでも実証された。ヨガや太極拳などでも記憶力を向上...

query_builder2018/10/24

寝る前のヨガ音楽で心血管疾患リスクを低減

 ヨガを行う際に使用する瞑想的なヒーリングミュージック(ヨガ音楽)を就寝前に聴くことで、心血管疾患のリスクを低減させることができるかもしれない。インド・HG SMS 病院のNaresh Sen氏...

query_builder2018/10/17

喫煙が認知症のリスクに

 喫煙は予防可能だが死亡に関わる最も重要な因子の1つである。喫煙による心血管疾患、慢性閉塞性肺疾患、がんなどのリスク増加は知られているが、認知症との関連についての報告は少ない。韓国・ソウル大学の...

query_builder2018/10/11

炭火焼き料理で心血管死亡リスクが増加?

 料理で石炭や薪、木炭などの固形燃料を長期間使用することが、心血管疾患(CVD)による死亡リスクを増加させるという研究結果が、欧州心臓病学会(ESC 2018、8月25~29日、ミュンヘン)で報...

query_builder2018/10/03

メンタルヘルス改善にはチームスポーツがオススメ

 適度な運動は、脳卒中などの心血管疾患や糖尿病をはじめ、さまざまな病気のリスクを低下させることが知られているが、メンタルヘルスとの関係はまだはっきりと分かっていない。このたび、米国の研究グループ...

query_builder2018/09/26

体重増でも、やっぱり禁煙にメリットあり

​「たばこをやめたいけど、禁煙して太るのはいや」という声は、女性を中心に多く聞かれる。真偽のほどは定かではないが、「たばこをやめると太る」というのは通説となっている。健康のためにたばこをやめても...

query_builder2018/09/19

病気の経験者による支援で再診率低下‐心の病に対するケア-

心の病には、医師による治療はもちろん、病気の経験者による手助けも心強い。英・University College LondonのSonia Johnson氏らは、その有効性を検証した研究結果を報...

query_builder2018/09/12

握力と片足バランスで糖尿病リスクが判定できる!

 簡単な体力テストの一種として知られる握力と閉眼片足立ちバランスの成績が2型糖尿病の発症リスクと関係していることが分かった。体重当たりの握力が低いほど、また片足立ち時間が短いと糖尿病になりやすか...

query_builder2018/09/07

暑い中での活動時、補給すべき飲み物は?

​暑い中での作業や運動に水分補給は欠かせない。では、補給する飲み物の種類によって、効果に違いはあるのだろうか。そんな疑問に1つの答えを示す研究結果が示された。米・University of Mo...

query_builder2018/09/05

健康のためにニンジンを選ぶ理由

​「ニンジンは目によい」という話は聞いたことがあるだろう。米国の有名医療機関であるメイヨークリニック栄養士のKate Zeratsky氏によると、ニンジンを日常的に食べるべき理由は他にもある。同...

query_builder2018/08/29

食事に一工夫で夏バテ予防

 連日厳しい暑さが続く今年の夏。夏バテや熱中症を予防するには、食事内容に気を配ることが重要だ。納豆に関する情報提供や研究などを行っているおかめ「納豆サイエンスラボ」は、全国の20~60歳代...

query_builder2018/08/22

夕食後すぐに寝ると、発がんリスクが高まる

 夕食を取るタイミングが、発がんリスクに影響を与えるという少し意外な研究成績が報告された。スペインの研究グループは、早めに夕食を取る、または、夕食から就寝まで2時間以上空けることが、乳がんと前立...

query_builder2018/08/15

長時間の昼寝が認知症リスクに

 高齢者では昼寝の習慣は一般的だが、昼寝は夜間の睡眠に悪影響を及ぼすことなどが指摘されている。米・University of California, San FranciscoのYue Leng...

query_builder2018/08/08

睡眠の質が心房細動の発症に関係

 心臓が不規則かつ小刻みに収縮する心房細動は、動悸、息切れ、疲労感といった症状を呈し、脳卒中や心臓発作、認知症、腎臓病を引きおこし、さらには死に至ることもある疾患である。加齢や肥満、飲酒、喫煙な...

query_builder2018/07/25

睡眠薬で「時差ぼけ」解消?

 海外旅行者を悩ませる「時差ぼけ」。医学的には「Jet Lag Disorder(JLD)」という。日付変更線を超えて移動することにより、体内時計が一時的に乱れる「概日リズム睡眠障害」に分類され...

query_builder2018/07/24

ネットでのポジティブ感情はうつを改善しない

​若年世代では、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアが日常のコミュニケーション手段になっている。米・ピッツバーグ大学の研究によると、ソーシャルメディアによる交流で受けるポジティ...

query_builder2018/07/23

「お祈り」による落ち着きで睡眠が改善?

​不眠、過眠、睡眠時無呼吸症候群など、現代人の多くが何らかの睡眠障害に悩まされているという。そのため、精神科や心療内科では様々な種類の睡眠導入剤が処方されているが、治療には生活習慣の改善などによ...

query_builder2018/07/20

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント