あなたの健康百科

暑い中での活動時、補給すべき飲み物は?

​暑い中での作業や運動に水分補給は欠かせない。では、補給する飲み物の種類によって、効果に違いはあるのだろうか。そんな疑問に1つの答えを示す研究結果が示された。米・University of Mo...

query_builder2018/09/05

健康のためにニンジンを選ぶ理由

​「ニンジンは目によい」という話は聞いたことがあるだろう。米国の有名医療機関であるメイヨークリニック栄養士のKate Zeratsky氏によると、ニンジンを日常的に食べるべき理由は他にもある。同...

query_builder2018/08/29

食事に一工夫で夏バテ予防

 連日厳しい暑さが続く今年の夏。夏バテや熱中症を予防するには、食事内容に気を配ることが重要だ。納豆に関する情報提供や研究などを行っているおかめ「納豆サイエンスラボ」は、全国の20~60歳代...

query_builder2018/08/22

夕食後すぐに寝ると、発がんリスクが高まる

 夕食を取るタイミングが、発がんリスクに影響を与えるという少し意外な研究成績が報告された。スペインの研究グループは、早めに夕食を取る、または、夕食から就寝まで2時間以上空けることが、乳がんと前立...

query_builder2018/08/15

長時間の昼寝が認知症リスクに

 高齢者では昼寝の習慣は一般的だが、昼寝は夜間の睡眠に悪影響を及ぼすことなどが指摘されている。米・University of California, San FranciscoのYue Leng...

query_builder2018/08/08

睡眠の質が心房細動の発症に関係

 心臓が不規則かつ小刻みに収縮する心房細動は、動悸、息切れ、疲労感といった症状を呈し、脳卒中や心臓発作、認知症、腎臓病を引きおこし、さらには死に至ることもある疾患である。加齢や肥満、飲酒、喫煙な...

query_builder2018/07/25

睡眠薬で「時差ぼけ」解消?

 海外旅行者を悩ませる「時差ぼけ」。医学的には「Jet Lag Disorder(JLD)」という。日付変更線を超えて移動することにより、体内時計が一時的に乱れる「概日リズム睡眠障害」に分類され...

query_builder2018/07/24

ネットでのポジティブ感情はうつを改善しない

​若年世代では、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアが日常のコミュニケーション手段になっている。米・ピッツバーグ大学の研究によると、ソーシャルメディアによる交流で受けるポジティ...

query_builder2018/07/23

「お祈り」による落ち着きで睡眠が改善?

​不眠、過眠、睡眠時無呼吸症候群など、現代人の多くが何らかの睡眠障害に悩まされているという。そのため、精神科や心療内科では様々な種類の睡眠導入剤が処方されているが、治療には生活習慣の改善などによ...

query_builder2018/07/20

徹夜が危ない!? 認知症のリスクにも

 アルツハイマー病の原因は明らかにされていないが、患者の多くは脳内にアミロイドβが蓄積されており、アルツハイマー病の発症にはアミロイドβが大きく関わっていると考えられている。このほど、米国立アル...

query_builder2018/07/20

食べるならミルクよりダーク? チョコで視覚改善

 大人も子どもも大好きなチョコレート。肥満や虫歯は気になるけれど、ついつい手が伸びてしまうという人は多いだろう。そんなチョコレート好きが注目する研究結果が、米国の研究グループから示された。ダーク...

query_builder2018/06/21

ガムを噛みながら歩くと健康にいい!

 健康のためにウォーキングする人は多いが、その効果を簡単に上げるちょっとした工夫が見つかった。ガムを噛みながら歩くことで、性・年齢にかかわらずウォーキングによるエネルギー消費が増加することが実験...

query_builder2018/06/21

食後高血糖抑制のコツはヨーグルトファースト

 食事の際に食べる順番に気を付けると、血糖値の急激な上昇が抑えられ、太りにくくなるともいわれている。野菜から先に食べる「ベジファースト」は、一般にも広く知られるようになったのではないか。このたび...

query_builder2018/06/20

1日1個の卵で心血管疾患リスクが低下

 中国の研究グループは、中国人50万人を対象とする研究の結果、卵を1日に1個を食べている人は、全く食べない人と比べて心血管疾患(CVD)リスクが有意に低下することが分かったと、医学専門誌Hear...

query_builder2018/06/20

難聴予防には健康的な食生活を

「芸能人が突発性難聴により休業する」といったニュースをしばしば目にするが、精神的ストレスや過労、睡眠不足などが原因となり、後天的に難聴を発症するケースがある。このほど、健康な食生活を送る女性ほど...

query_builder2018/06/19

はしかなどの感染予防に母子手帳が一役

今年(2018年)3月に沖縄県で確認されて以降、日本各地で徐々に発症者数が増加しているはしか(麻疹)。その予防には、適切なワクチンの接種が効果的だ。ファイザーは小さな子供を持つ母親を対象に、ワク...

query_builder2018/05/29

歩行スピードアップで入院リスク減

ダイエットや生活習慣病の予防になるとして、若者から高齢者まで多くの人々がウオーキングに励んでいる姿が見られる。このほど、高血圧で心臓病を抱える人のうち、歩行スピードが速いほど入院するリスクが減少...

query_builder2018/05/29

AIで糖尿病網膜症を診断、米国初承認

米食品医薬品局(FDA)は4月11日、糖尿病網膜症を人工知能(AI)により診断する医療機器を初めて承認したと発表した。これを用いれば、専門医以外でも糖尿病網膜症が診断可能になるという。

query_builder2018/05/28

新診断基準によりドライアイが増加

ドライアイの患者は、日本で2,000万人、世界では10億人以上と推測され、つらい症状に悩む人はかなり多い。順天堂大学医学部附属順天堂医院眼科の村上晶教授らの研究グループは、2016年のドライアイ...

query_builder2018/05/25

シソの香りで腸を元気に マウスの実験で判明

和食や漢方薬によく用いられるシソ(大葉)は、古くから発汗解熱作用、整腸作用、抗炎症作用を備えていることが知られていたが、その香りの成分・ペリルアルデヒド(PA)の働きについては今まで分からないこ...

query_builder2018/05/25

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント