健康のためにニンジンを選ぶ理由

83782c67 27f3 49b0 9a1b 00c3262001cd

「ニンジンは目によい」という話は聞いたことがあるだろう。米国の有名医療機関であるメイヨークリニック栄養士のKate Zeratsky氏によると、ニンジンを日常的に食べるべき理由は他にもある。同氏は「ニンジンは水溶性食物繊維や抗酸化物質を含み、心臓に対しても有益である」と述べている。

血圧コントロールや免疫向上にも有益

米国農務省(USDA)は、緑黄色野菜を毎日摂取することを推奨している。Zeratsky氏は、その理由として「ニンジンのような根菜は不足しがちな栄養を補うことができる」と述べている。日本では、厚生労働省が野菜摂取の目標量を1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以上としている。

ニンジンにはベータカロチンが含まれており、ベータカロチンは体内でビタミンAに変換される。ビタミンAは目の健康を促進したり、がんのリスクを軽減する作用がある。同氏は「ニンジンが体によい理由はビタミンAを含んでいるからだと考えられることが多いが、それだけではなくさらに豊富な栄養が含まれている」と述べている。

ニンジンには水溶性食物繊維や抗酸化物質も豊富に含まれており、同氏は「どちらも心疾患や心臓発作の予防に有益である」と説明。「また、ニンジンに含まれるカリウムは血圧コントロールに役立ち、ビタミンCは免疫システムを向上させる」としている。

同氏は「ニンジンはシンプルですばらしい野菜だと思う。生でも食べられ、料理のバリエーションも豊富なため、毎日緑黄色野菜を摂取することを可能にできる」と述べている。

(あなたの健康百科編集部)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント