ホーム > ライフ > 経営者の趣味等 > PTSクルーズでスマートかつスムーズにクルーズを

PTSクルーズでスマートかつスムーズにクルーズを

(写真=Maridav /Shutterstock)

あなたはJTBグループのPTSクルーズをご存知ですか?近頃ではクルーズ専門の旅行会社も出てきましたが、どこを選んだらいいのかわからない状態ですよね。その点、日本での旅行会社の最大手とも言われるJTBのグループならではの安心感と、日本船から外国船、また日本発着から海外発着まで、お好みの船を手配してくれ、個々の要望に答えてくれるサポート体制が好評です。

旅行はお金と時間をかけて幸せな時間を作る一大イベントですし、折角行くのであればより素敵な旅をしたいですよね。

ここではゲストのさまざまなわがままを聞いてくれる、PTSクルーズをご紹介致します。

世界中を楽しむクルーズ情報はWorld_Cruise http://world-cruise.jp/

Eyecatch

PTSクルーズはJTBグループのクルーズ専門店

PTSクルーズの概要
株式会社PTSの歴史は古く、1959年に設立されました。すでに旅行業として60年近くの歴史があります。従業員は367名、事業所は全国に51箇所もあります。2003年にJTBグループに参加。当初は「パシフィックツアーシステムズ」という名前でしたが、同年8月に株式会社PTSという名称に変更。
翌年2004年にはマルイ旅行センターの業務を譲り受けます。
また、クルーズ需要を見越して2009年には、米大手船会社リージェント・セブンシーズ・クルーズの日本地区販売総代理店を受託。リージェントオフィスとしてクルーズツアーの販売を開始しました。

日本船から外国船まで多様なクルーズツアーを提供
株式会社PTSはクルーズはもとより、一般の旅行や会社関係向けのツアーも取り扱っています。中でも近年はクルーズ旅行のニーズが増えたため、2017年には横浜そごう内に「クルーズデスク」も開設。

ざっと取扱クルーズを見てみると、日本船の飛鳥Ⅱ、ぱしふぃっくびいなす、にっぽん丸をはじめ、外国船日本発着、外国船フライ&クルーズ(外国発着)では、キュナードやロイヤルカリビアンといった有名船はもちろん、シークラウドやポール・ゴーギャンといった、現地出航で自己手配しにくいクルーズも取り扱っています。これは心強いですね。

PTSクルーズのここがすごい

個々の要望に応えてくれるサポート体制
PTSクルーズでは、個々の要望に答えてくれるサポート体制が充実しています。例えば、クルーズの説明会やセミナーなども頻繁に開催し、クルーズに関する個別の質問も受け付けたり、カリブ海で泳ぎたい、地中海で白い教会のあるところに行きたい、などというざっくりした質問にも時期をコースを踏まえて適切なクルーズを提案してくれます。
ベテラン揃い、そしてJTBというブランドだからこそできる技です。

また、PTSクルーズには贅を尽くしたプレミアとお手頃で気軽なバリューという2つのブランドがあります。クルーズコンサルタント、クルーズマスターの資格をもったコンシェルジュがサポートしてくれます。

宿泊ホテルの質も最高級
クルーズの前後などに宿泊を伴うこともありますが、PTSクルーズが提案してくれるホテルの質も最高級です。基本的にはアメリカンタイプの4つ星以上。例えば成田ならヒルトン成田、ガーデンホテル成田、ポートホテル成田など安心な一流ホテルをチョイス。しかもPTSの割引料金で宿泊できます。

添乗員がクルーズに同行
外国船で心配なのがなんといっても言葉ですよね。PTSクルーズのクルーズなら一部のコースを除くすべてのクルーズに添乗員が同行しますので、言葉の心配もありません。船内新聞やメニューの翻訳や船内や寄港地での自由行動時にも相談に乗ってくれます。基本的には船内のラウンジで待機しています。

無料宅配サービス
通常往復で5000円程度かかる自宅から桟橋への荷物宅配も、PTSクルーズなら無料です。これはかなり嬉しいですね。

日本語によるガイドサービスも充実
外国船での船内の案内や、寄港地でのガイドも外国語だといまいち楽しめないところも多いかと思います。PTSクルーズでは、一部地域を除きますが、日本語サービスが録音されたイヤホンサービスがありますので、安心して船内でくつろぎ、寄港地を観光することができます。

渡航手続きに必要な書類を無料作成
外国で渡航手続きの書類を個人で作成するのは骨が折れるものです。とくに現地についてからだと、せっかく盛り上がっていた気分も下がってしまいがち。そんな時にPTSクルーズの渡航手続き無料作成サービスで事前に用意しておけば楽々。当日はサインのみでカンタンに入国することができます。なお、ビザが必要な国はビザ取得代が別途の請求となります。

様々な形での説明会が充実
PTSクルーズでは、クルーズ旅行の説明会を定期的に行っています。料金はもちろん無料。主に外国船と日本船に分かれての説明会ですが、地中海、カリブ海、世界一周など、目的地別、クルーズ船別に紹介があります。そしてもちろん、クルーズについて疑問に思っていることを質問できる場ですので、気軽に質問してみることがおすすめです。さらに不定期ですが、船内を見学しながらの説明や人数が揃えば家に訪問して説明を行ってくれるサービスも行っています。

HPやコラムの内容が充実
PTSクルーズのHPでは、会社概要や客船の紹介、おすすめコースなどの他に、顧客の体験談、コラムなどのリアルな声も読むことができます。
ここでは実際に乗船してみた感想などや、クルーズスタッフによる世界各地や日本の寄港地のおすすめスポットや紹介が載っていますので、必見です。

低コストで海外出張の企画から進行も
PTSクルーズでは、海外出張の企画や報奨旅行、社員旅行なども請け負っています。以前は社員が企画していたこうした旅行も、旅行のプロにまかしたほうが効率的で経済的。特に海外旅行では、飛行機やホテルの手配はもちろん、面倒な現地観光などの手配も可能です。

プロおすすめの人気クルーズコース3選

【JTBプレミア】南太平洋・パプアニューギニアクルーズ24日間
クリスタル・シンフォニーに乗船し、ゴーギャンをイメージさせる南太平洋を24日間かけてクルーズします。1,278,000円という料金ですが、一番の人気でおすすめコースとなっています。

【JTBプレミア】世界三大運河 パナマ運河通航クルーズ22日間
やはりクルーズ好きなら一度は通行してみたいパナマ運河。それもなんとクィーン・エリザベスに乗って22日間かけてクルーズします。日数の割には898,000円というお値段は意外にリーズナブル?!

【JTBプレミア】ヨーロッパショートクルーズ8日間
こちらもクィーン・エリザベスに乗船し、ヨーロッパ各国を8日間で巡ります。ハイライト的ではありますが、数か国を巡ることができるのはクルーズならでは!

まとめ

以上、ご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。
今回は、JTBグループの株式会社PTSをご紹介しました。クルーズのことならどんなわがままも叶えてくれるフレキシブルさに加えてクルーズへの添乗員同行、さらに船上や寄港地でのサポートなど、他の会社に類を見ないサポート体制です。

また、プロがおすすめする良質なクルーズコースもあり、非常にオススメな旅行会社の一つです。

せっかくの旅行ですし、行くのであれば様々な要望を通したいという方や、旅行するにあたって手厚いサポートが欲しいという方も少なくはないのではないでしょうか。

旅先でより良い思い出をたくさん作りたいですよね。

是非一度、株式会社PTSを利用してみて下さい。

世界中を楽しむクルーズ情報はWorld_Cruise http://world-cruise.jp/