宮古島観光に行くなら絶対買いたいお土産10選

F05e9517 b46a 4352 89a3 3477edff7293

宮古島での旅行中、友人や会社の同僚へのお土産を何にしようかとあれこれ悩むのも旅の楽しみ。もちろん、“面倒だな・・・”と思う方もいらっしゃるでしょう。

自然豊かで観光地として大人気の宮古島には、地元の食材を使ったお土産にもぴったりな“おいしい”商品がいろいろあります。

本記事では、お土産選びを楽しみたい方も、お土産選びから解放されたい方も必見!喜ばれること間違いなしの宮古島の厳選お土産をご紹介します。

沖縄の観光情報・おすすめスポットはOkivel http://okivel.com/

雪塩ばうむくーへん

宮古島のお土産として人気急上昇中の「雪塩ばうむくーへん」。今や宮古島を代表する全国区の商品にまで成長した、宮古島の地下海水を原料としたミネラルたっぷりの“雪塩”と宮古島のブランド卵“みやコッコ”を使ったスイーツ。“あまじょっぱさ”がクセになる味わい深いバウムクーヘンです。

「雪塩ばうむくーへん」には、しっとりとしたソフトタイプ、表面を“カリッ”と焼き上げたハードタイプの2種類あります。購入するときは、ソフトタイプかハードタイプか間違えないようにしましょう。

価格はどちらも1,350円(税込)。お土産にちょうどいいお値段。雪塩ミュージアム、塩屋宮古店、島の駅みやこ、宮古空港などで販売しています。

モンテドール

宮古島で40年以上愛され続けるスイーツ「モンテドールのバナナケーキ」。宮古島を代表するお土産の定番中の定番です。

香料やマーガリンなどを使っていないため、バナナの自然な甘さと香りがダイレクトに味わえる、からだにも優しいバナナケーキです。

価格はバナナケーキ (180g) 680円(税込)、ミニバナナケーキ6個入り1,166円(税込)。平良西里のモンテドール本店やマックスバリュ宮古南店などで販売しています。

雪塩ちんすこう

宮古島の特産品“雪塩”と琉球王朝時代から受け継がれる伝統菓子“ちんすこう”がタッグを組んだ最強のお土産「雪塩ちんすこう」。

“食のオリンピック”、“食のノーベル賞”などと例えられる世界食品品評会「モンドセレクション」で3年連続の金賞さらに国際最高品質賞を受賞したお墨付きです。

価格は48個入り1,000円(税別)、24個入り550円(税別)、12個入り300円(税別)。

雪塩ちんすこうは、今や、宮古島はもちろん、沖縄県のお土産の代表格にもなっているため、県内の大手スーパー、那覇空港など沖縄県内で販売しています。

こくとうみつ

宮古島の自然の恵みをお土産にしたい人におすすめするのは、オルタナティブファーム宮古がつくる「こくとうみつ」。原料となるサトウキビは、オルタナティブファーム宮古の畑で農薬も化学肥料も一切使わずに栽培したものです。

「こくとうみつ」は、香り高く、味は濃厚かつまろやか。バタートーストやバニラアイスと合わせたり、コーヒーや紅茶の甘味、お料理のコクだしにも最適です。

グルメな友達へのお土産にぴったりです。

価格は1,296円(税込)。島の駅みやこ、JAあたらす市場、宮古島空港などで販売しています。

宮古島まもる君ちんすこう

宮古島の愛すべきゆるキャラ、“宮古島まもる君”と、お土産の定番、ちんすこうがコラボした「宮古島まもる君ちんすこう」。

宮古島まもる君は、宮古島で交通安全を啓蒙するため、市内数十か所に設置してある警察官の人形で、その“ゆるい”見た目が観光客の間で大人気となっています。お菓子からTシャツ、キーホルダー、バック、雑貨、泡盛まで宮古島まもる君の関連グッズが販売されていて、宮古島土産の定番になっています。

宮古島まもる君ちんすこうの価格は、プレーン味と塩味が各9個ずつ合計18個入って648円(税込)。市内のお土産店、宮古空港、ホテルの売店などで販売しています。

とぅりば

宮古島マイクロブルワリーがつくる宮古島限定地ビール「とぅりば」。ミネラル分を多く含んだ宮古島の地下水を使ったまろやかな味わいが特徴のビールで、お酒好きの方に喜ばれるお土産です。

エール酵母を使ったフルーティーな「コーラルエール」、焙煎麦芽の香ばしさとホップの苦味に宮古島の黒糖の香りが効いた「コーラルダーク」、66%の小麦麦芽を使った「コーラルヴァイツェン」の3種類。

価格は、コーラルエール6本セット5,000円、コーラルダーク6本セット5,300円、コーラルヴァイツェン6本セット5,300円(税込)。宮古島市内の居酒屋などで販売しています。

宮古島サイダー

宮古島の地下海水からつくったミネラルたっぷりの“雪塩”の塩味がほどよい「宮古島サイダー」。“宮古島の海”のさわやかさを味で表現したご当地サイダーです。

雪塩味のほか、宮古島を代表するフルーツの王様、マンゴー味もあります。

価格は1本250円(税抜)。雪塩ミュージアム、島の駅みやこ、塩屋宮古店、宮古空港などで販売しています。

古謝宮古そば

宮古島で最も古い老舗の宮古そば店「古謝そば屋」。お店の隣にある古謝製麺所でつくる自家製の中太麺とあっさりしながらも“やみつき”になるコク旨スープが魅力です。

古謝そば屋の自慢の味は、宮古そば、そばスープ、味付け肉2枚、かまぼこ(一口サイズ2枚)、ネギをセットにした「宮古そばセット」としてインターネットで販売しています。価格は、沖縄県外の配送の場合、2人前2,470円。

また、麺やスープは、市内のスーパーや宮古空港でも販売しています。麺は1袋250g入りで180円(税込)、スープは1袋400cc入りで316円(税込)。送料がかからない分、通販で購入するよりお得です。

宮古島のさとうきびシロップ

宮古島の城辺にある「かにむら屋製糖所」が、昔ながらの伝統製法で手づくりした絶品の黒糖蜜「宮古島のさとうきびシロップ」。

宮古島産さとうきびだけでつくる無添加の黒糖蜜で、ミネラルやビタミンが豊富。甘さはしっかりしていますが、カロリーは控えめ。宮古島の風土が育んだ天然の甘味を感じられます。

ヨーグルトやパンケーキにトッピングしたり、料理で砂糖の代わりに使ったりするのもおすすめです。

価格は280g×3本で3,430円(税込)。島の駅みやこ、琉球離島マーケット、かんかん堂などで販売しています。

宮古うずまきそば

宮古島の城辺にある小さな製麺所「にしばるやー工房」が作る、見た目もきれいな乾麺「宮古うずまきそば」。地元では“ぐるぐる麺”と呼ばれ、親しまれています。

「宮古うずまきそば」の特徴であるきれいな色合いは、宮古島の食材、ゴーヤー、ドラゴンフルーツ、ウコン、島とうがらし、アロエ、紅いも、もずくなどを練りこんだ、自然の色。

卵や油、かんすい、保存料、着色料、化学調味料などは使用していないので、アレルギー体質の方のお土産としても喜ばれます。

調理も4分~5分茹でるだけと簡単で、麺つゆで食べても、パスタや焼きソバにしても美味。

価格は5個セット1,620円(税込)。宮古空港などで購入できます。

まとめ

宮古島のお土産は、グルメな友達にも喜ばれる、味もおいしく、見た目も素敵なものばかりです。クッキーやチョコレートなど、お土産の定番もいいですが、今回ご紹介したお土産ならより一層喜ばれるはず。

また、今回ご紹介したもの以外にも、マンゴーを使ったスイーツ「マンゴー雪しずく」、「宮古島のしあわせマンゴー」、「宮古島マンゴークランチ」、雪塩を使った「雪塩らすく」なども喜ばれるお土産です。

ぜひこの記事を、宮古島でのお土産選びの参考にしてくださいね。もし、お土産を買い忘れても、宮古空港ならほとんどのものが揃っているので、安心です。

沖縄の観光情報・おすすめスポットはOkivel http://okivel.com/

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント