宮古島のパラセーリングの魅力とおすすめショップ

744021fc 7329 4c9b 9e30 92cf9e072cc7

宮古島の海を満喫するのは、何もダイビングやシュノーケリングだけではありません。宮古島の海を“空から”楽しむパラセーリングも観光客に大人気。パラシュートをつけ、船で引っ張ってもらうことで、凧のように宮古島の大空へ舞い上がります。

宮古島の海は、上空からもウミガメの泳ぐ姿や海中に広がるサンゴ礁を見ることができるほどの透明度の高さ。さわやかな潮風に吹かれながら、地平線まで続く空と海を見ていると、自分も自然と一体になったような感覚になります。

本記事では、宮古島のパラセーリングの魅力と宮古島の空を案内してくれるおすすめのパラセーリングショップついて、たっぷりとご紹介します!

沖縄の観光情報・おすすめスポットはOkivel http://okivel.com/

宮古島で楽しめる「パラセーリング」の魅力

宮古島のパラセーリングの魅力は、なんといっても空から眺める“宮古ブルー”。

最上級の透明度を誇る宮古島の海。太陽の光を浴びて、ネイビーブルー、コバルトブルー、スカイブルー、エメラルドグリーンなど、様々な青と緑のグラデーションの世界が地平線までいっぱいに広がります。

潮風を浴びながら、その雄大さと美しさを眺めたときの開放感は最高!!!

パラセーリングとは

宮古島でおすすめのマリンスポーツ「パラセーリング」。パラシュートウィングと呼ばれる大きなパラシュートをつけ、それをボートで引っ張り、空を飛ぶマリンスポーツの一種です。

ボートで引っ張ってもらって空を飛び、着陸するときもボートを操縦するする人が上手にやってくれるので、自分で行うことはほとんどありません。空中にいるときは、ブランコに乗っているような感覚です。

他のマリンスポーツほど体力も使わず、簡単な講習を受けるだけでできるので、初心者でも、子どもでも、お年寄りでも体験しやすいのが特徴です。

ちなみに、パラセーリングに似た名前のスポーツで、パラグライダーがあります。パラシュートを使うことは同じですが、パラセーリングで使うパラシュートは、安定した降下が得意な円型のもの。パラグライダーは、空を滑るように飛行する滑空能力のある四角い形です。

パラグライダー体験は、資格を持ったパイロットとの二人乗りでフライトを楽しむので、パラセーリングの方が手軽に楽しめるスポーツといえます。

上空80mから宮古ブルーの絶景を楽しめる

宮古島で人気のパラセーリングは、およそ80m上空まで上げてくれます。高い所が少し苦手だなという人は、速度や高度を調整してくれるので、事前にスタッフに伝えておきましょう。

空からは、地平線まで広がる宮古ブルーの海や、宮古島、伊良部島、池間島、来間島の島々をみることができます。

さらに、運がよければ、海で泳いでいるウミガメや魚影を発見することも。およそ80mの上空から海で泳ぐ生物たちが見えるなんて、さすが、透明度の高い宮古島の海です。

友人同士やカップルでもおすすめ

宮古島でせっかくパラセーリングを楽しむなら、感動を共有できる友人や彼氏・彼女と一緒がいいですよね。

パラセーリングは一人で楽しむというイメージがありますが、2人、3人で一緒に体験することもできます。ちょっと一人じゃ心配という人も、となりで一緒に楽しんでくる人がいれば、安心です。

また、2人、3人で体験すると料金も少し安くなるので、お得。

パラセーリングの料金体系、所要時間

宮古島でパラセーリングを体験する際の料金は、1人で乗る場合は8,000円、2人~3人の場合は6,000円~7,000円が相場です。

所要時間は、1時間ほど。実際に空を飛んでいるフライト時間は5~10分ですが、パラセーリングスポットまでの往復の移動時間を含めるとこれくらいの時間をみておくのが良いでしょう。

また、パラセーリングをする時の服装ですが、たまに波しぶきや突然の雨で濡れることもあるので、濡れても良い格好にしましょう。

上空からインスタ映え写真を撮影したい方は、スマホを防水ケースに入れ、落とさないように首などからかけられるように準備しておくのをおすすめします。

パラセーリングは雨の日はどうなる?

宮古島でパラセーリングを楽しもう!と計画したら、やっぱり、気になるのはお天気。

パラセーリングは、海で行うスポーツであり、風の影響を直接受けるので、雨や風、もちろん台風などの荒天時には中止になります。安全面を考えれば、当然のことですよね。

ですが、少々の雨の場合は行うこともあるようです。

宮古島の人気パラセーリングショップ

宮古島でパラセーリングツアーを開催している人気パラセーリングショップをご紹介しましょう。

空人

宮古島のパラセーリングショップ「空人(そらびと)」。波の侵食によってできたアーチ型の岩が特徴の「砂山ビーチ」、伊良部大橋が正面にある「トゥリバービーチ」、伊良部島の「渡口の浜(とぐちのはま)」などでパラセーリングを楽しめます。

パラセーリングツアーは1日6回(9:00、10:30、12:00、13:30、15:00、16:30)。集合場所は伊良部大橋近くのトゥリバーマリーナ。15分前集合です。売店はないので、熱中症予防のためにも必ずペットボトルの飲み物は持参しましょう。

パラセーリングの料金は、1人乗り8,000円、2人乗り7,000円(1名)、3人乗り7,000円(1名)。一度に飛べる体重は合計150㎏まで。

体験できるのは、5歳(もしくは90cm)以上から。高齢者は事前に応相談。子どもや高齢者の場合は同伴者が必要です。

宮古島パラセーリングショップ空人では、参加者はトランシーバを装着し、スタッフと通信できる状態でフライトするので安心。 また、上空から写真や動画がとれる「GoPro」のレンタル(レンタル料:1グループ2,000円)もしています。

【タイムスケジュール】9:00、10:30、12:00、13:30、15:00、16:30
【料金】1人乗り8,000円、2人乗り7,000円(1名)、3人乗り7,000円(1名)
【予約受付時間】8:00~20:00
【問合せ】080-3954-4996
【HP】http://sorabito.okinawa/

ブルーホヌ

宮古島のパラセーリングショップ「ブルーホヌ」。東洋一と謳われる白く美しいビーチが続く前浜エリアでパラセーリングが楽しめます。

ガイド歴30年以上、パラセーリング歴15年以上という経験豊富なスタッフが、ボートをコントロールしてくれるので安心。

パラセーリングツアーは1日6回(9:45、11:00、12:30、13:45、15:00、16:15)、集合場所は宮古島空港から車で15分ほどの来間前浜港。15分前集合です。

パラセーリングの料金は、1人乗り8,000円、2人乗り6,000円(1名)。体験できるのは、満12歳以上で、かつ身長120㎝以上の健康な方ならどなたでもOK。

【タイムスケジュール】9:45、11:00、12:30、13:45、15:00、16:15
【料金】1人乗り8,000円、2人乗り6,000円(1名)
【予約受付時間】8:00~19:00
【問合せ】090-9789-5776
【HP】http://www.honu.jjo.cc/

宮古島のパラセーリングまとめ

宮古島のパラセーリングのセールスポイントは、なんといっても“宮古ブルー”の海を上空数十メートルの高さから見られること。

様々な青色が重なり、太陽の光を浴びてつくる青のグラデーションは、吸い込まれそうな美しさです。

海中を泳ぐウミガメや魚影も空から眺められるのも、透明度の高い宮古島ならでは。

ぜひこの記事を参考にして、宮古島を空から楽しめるパラセーリングを体験してみてくださいね。

沖縄の観光情報・おすすめスポットはOkivel http://okivel.com/

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント