ホーム > ライフ > 経営者の趣味等 > ビジネスマンも肌は命~乾燥・脂質へのケア方法

ビジネスマンも肌は命~乾燥・脂質へのケア方法

かつてポップアートの巨匠アンディ・ウォホールが「人は見かけだ」と言ったように
現代は男女共に見かけが美しい人は仕事もできると言われています。1980年代にして、人は見かけで中身がわかるということを言い当てたアンディ・ウォホールはさすがの感性ですね。

いくら仕事が出来ても、身だしなみが今一歩だったり、肌が乾燥していたり脂ぎっていては、ビジネスにも影響を及ぼしかねません。ご自身のよりよい魅力を引き出すためのヒントをご紹介します。

できるビジネスマンは美肌がいい! http://beaucy.jp/

ビジネスマンも肌は命

なぜ肌は重要か

ある調査によると、若手のビジネスマンが朝のスキンケアにかける時間は、「1分」が半数に上ったそうです。そのうち「保湿ケアなどはしたほうがいい」と答えた人は7割にも上ったのにも関わらず、実際に保湿ケアをしている人はなんと3割程度だったとか。

ケアをしなければならないと思いつつも、面倒、時間がないというのが現状のようです。
でも保湿をしないで放置しておくと、かえって乾燥肌のスパイラルが続き、脂も出てしまうなどのトラブルを引き起こします。

脂性肌なのはホルモンバランスが活発で不安定な10~20代、それ以上の年代になると、30代~40代がピークだと言われています。また、全体的に現代は、生活習慣の乱れによって、ホルモンバランスも分泌も活性化し、皮脂の分泌も多くなっています。

また、男性は女性よりも強い肌を持っているのですが、シェービングなどで肌に負担をかける場合もあります。そのため、肌のケアは女性同様に必要になってきます。

また、油ものや揚げ物を食べる機会が多いなど、偏った食生活も注意が必要です。仕事の合間にちょこっと食べるのには便利なラーメンなど、糖質と脂質が合わさった食べ物を毎日食べているという人などはとくに注意が必要です。

これを解消するには、皮脂量をコントロールする働きのあるビタミンB群を多く含む食品(豚肉、うなぎ、たらこ、ナッツ類、レバー、牛乳、バナナ、カツオ、マグロなど)を意識して多く摂ることがおすすめです。

乾燥が脂質を引き起こす

では、なぜ乾燥が脂質肌を引き起こすのでしょうか?

そもそも皮膚の乾燥は肌の脂質の膜よりも内側の、「角質層」というところにある保湿成分の不足によって起こります。

一方、脂質は角質層より外側から出ており、肌を守っている成分なのです。

角質層の保湿成分が不足しても、保湿成分を自ら生成することはできません。その代替として外側から皮脂を分泌し、肌を守っています。こうした「インナードライ」な肌で悩んでいる人も現代ではとても多いのです。

いつケアするのが良いか

では、このようなインナードライの肌を含め、男性の肌のお手入れとはいつケアするのが良いのでしょうか?

基本的には、朝起きた時と、夜寝る前の洗顔後で十分です。

しかし、「自分は脂性肌だから化粧水はつけない」「夏は脂が多くでるから乳液は要らないだろう」などといった間違った見解が肌トラブルをひきおこすケースも多いため、まず自分の肌タイプを見極めてから、お肌のケアをする必要があります。
また、基本的には化粧水は年中必要、脂質の分泌の多い10~20代前半でなければ、むしろ皮脂が出ても乾燥肌のインナードライであるケースも多いので、乳液も必要になります。

どこででもケアする準備を

スキンケアに関してのありとあらゆるアイテムが出尽くした感のある女性化粧品市場に比べて、男性用化粧品はまだまだこれから。各化粧品会社も次々といろいろなアイテムを発売しています。また、出張が多いビジネスパーソンは化粧品を携帯するのが面倒と言われる方も多いですが、今では持ち運びに便利な数日用のキットや、詰め替え用のパッケージやボトルなどが売られていますので、IT系のアイテムの横にちょっと化粧品を詰めるスペースを作ってみてはいかがでしょうか?

男性も肌質が変わる!

10代、20代はにきびなども出来てすごく脂性肌だったのに、最近ではすっかりかさかさになった、と言われる30、40代の方も多くおられます。そう、男性も肌質は変わってくるのです。

いつまでも脂がでるので、一見脂性肌だと思いがちですが、実はインナードライで隠れ乾燥肌だった、と言われる方も現代では多くいらっしゃいます。

その場合、脂が多くでるから10代、20代が使うような洗顔料を選んでしまうと、肌が乾燥した時に、脂を代用して補ってくれる「必要な脂」までもをごっそりと洗い流してしまいますので、年齢や肌質に合った洗顔料を選ぶことが重要となります。

今では男性用の洗顔料でも女性用のように、脂性肌、乾燥肌に加えて、混合肌や敏感肌用のものがありますので、わからなければ店員さんに相談してみられるのがおすすめです。

洗顔とスキンケアの手順

洗顔の手順①手をきれいに洗い、予洗い

まず、手を薬用石けんなどで、きれいに洗いましょう。余分な雑菌を顔につけないためです。それから洗顔を始めます。朝は寝ている内に皮脂も分泌しているので石けんなどでの洗顔料の使用をおすすめします。

洗顔の手順②洗顔料を泡立ててやさしく洗う

次に洗顔料を泡立てます。洗顔料を使うだけで、ごしごしこすらなくても汚れは取れます。できれば泡立てネットに洗顔料を泡立てて、その泡で洗う感覚です。ナイロンタワシや泡立てネットでごしごしこすると、たしかに洗った気にはなりますが、刺激が強すぎるため、お肌を傷つけてしまいます。

洗顔の手順③ぬるま湯ですすぐ

次にぬるま湯ですすぎ、洗顔料を洗い落とします。ぬるま湯のほうが洗顔料が落ちやすいからです。

化粧水の使い方

洗い終わったら化粧水をつけます。手のひらに化粧水をとり、肌に密着させるようにしてつけましょう。手のひらの温度で化粧水が肌の奥まで浸透しやすいです。

乳液の使い方

乳液は保湿が目的の化粧品だと思われている方も多いでしょう。しかし、乳液をつける目的は、保湿ではなくて油分の補給なのです。その為、自分が脂性肌だと思われる方には不要です。

どこででもケア!手軽なスキンケアグッズ

〇おすすめ保湿用品・POLA(ポーラ)マージェンス マルチコンディショニングジェル
名前通り、これ1本でマルチなケアができるジェル。S-ヒアルロン酸を配合し、しっかりと潤うのに、表面上はさらっとしていてつけ心地がいいです。保湿に加えて、香りもいいので一石二鳥の働き。洗顔料やボディー用ソープやミストもおすすめです。

〇おすすめフェイスシート・DEXTリフレッシュシートW
バーニーズ・ニューヨークやセレクトショップで手に入る、15枚1,260円の高級リフレッシュシート。Wind, Ocean,Forestの3つの香りがあり、20センチ角の大判なので、顔からボディーまで1枚でリフレッシュすることができます。
3種類の保湿成分に加えて、ゴボウ根エキス、ハマメリスエキスなどの自然由来成分も含まれているので、テカリやベトつきを抑えてくれるのに、肌はしっとりでさわやかな気分になれます。それにまるで、オードトワレのようなさりげない香りが魅力です。

〇おすすめボディーシート・MAROプレミアムボディーシート クール
肌に優しく、きめ細かい上質なシートで人気なのがこのMAROのボディーシート。
シートが高級なので、肌すべりがよく、余分な皮脂もしっかり取り除いてくれます。スッキリした柑橘系の香りも魅力。メントール配合で、長時間持続するのも人気ポイントです。

〇エージーデオ24 メンズボディシート 無香料
30枚入りで600円弱とコスパもまずまずのAgのマークでおなじみのボディーシート。スタイリッシュでシンプルなパッケージも魅力です。

さらさらパウダーや保湿ヒアルロン酸パウダーが配合されており、すっきり皮脂を拭き取ってくれるのに、サラサラ肌が持続します。

数少ないメンズ用ボディーシートの無香料タイプです。シリーズでフットクリームやスプレー、ロールオンデオドラントなどもあり、デオドラント対策は完璧です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?肌ケアに関しては人に出会うビジネスパーソンにとっては無視できない時代が到来しました。

一昔前と違い、メンズ用の肌ケアアイテムも女性並みに増えてきましたので、是非一度自分にあったアイテムを探してみて下さい。

できるビジネスマンは美肌がいい! http://beaucy.jp/