ホーム > ライフ > 経営者の趣味等 > 経営者は見た目も大事!清潔感のあるビジネスマンになるためには

経営者は見た目も大事!清潔感のあるビジネスマンになるためには

どんな職業であれ、生業としているのであれば「クライアント」という相手がいます。当然打ち合わせなどの機会もあることでしょう。その時にクライアントさんから見て、仕事のパートナーに清潔感があるかどうかはお仕事の契約成約などに関わるほど重要な問題です。ここではスーツや靴、ファッション雑誌などのおすすめや、髭のグルーミング方法、スキンケア、ローションや制汗剤など、おすすめの男性化粧品情報など、自己メンテナンスに関係する事柄をご紹介致します。

経営者は中身。でも外見も重要な要素では? http://beaucy.jp/

まずは身だしなみを整えよう


ビジネスカジュアルはジャケットが無難
最近はSOHOという言葉も一般的になり、クラウドの発達によって、自宅はもとよりカフェやホテルのロビーなど、どこででも仕事ができるようになりました。そのため、カジュアルな服装で仕事をする人も多くなりましたが、クライアントとの打ち合わせの場面では、パーカーやジャンパーなどラフなものより、やはりジャケットの着用がおすすめです。

それもビジネススーツのジャケットのようなかっちりしたジャケットである必要はありません。エジプト綿や麻のようなラフな素材でも大丈夫です。上下揃ったスーツではないからこそ、素材やデザインの選び方など、あなたのセンスが問われる場面なのではないでしょうか。

スーツの場合はシワや折り目など細部に注意
例えばクライアントとの打ち合わせでも、スーツを着用される場合もあるかと思います。特に普段、スーツをあまり着慣れない方などは、慌てて出してきてシワがよっていたり、スラックスの折り目がついていなかったりすることも。実はクライアントとの打ち合わせは膝を突き合わせた距離なので、こうした細かい部分は目につきやすい部分なのです。クライアントさんも当然、これを目にしながらも、そんなことは口には出せない、といった状況なのではないでしょうか?

こんなことがないように、クライアント打ち合わせで着る予定のスーツは前日に出して点検してみることがおすすめです。シワや折り目などは、今流行りのハンディーなスチーマーなどで直しておくのがいいでしょう。

おしゃれは足元から
足元のおしゃれもここぞといった決め技がものをいう部分です。特に上がカジュアルなジャケットの場合、靴もちょっとひねりがきいたものを選びたいもの。スーツの場合と足元も変えるのがおすすめです。
おすすめの1足は2003年にインドネシアの靴工場の息子が立ち上げた新進気鋭のブランド「JALAN SRIWIJAYA」(ジャランスリウァヤ)。シンプルな中にキラッと光る秀逸デザイン。さすが有名ブランドのOEMを任されるほどのブランドです。
価格帯も3~4万とお手頃。

また、1841年創業。フランス製のセンスが光るJ.M.Weston。ベーシックなデザインでも丸みがあったりとちょっと普通と違うのがポイントです。素材が普通の牛革に加え、スエードやエナメルなど、エッジの利いた素材のものもあり、気分によって履き分けられるのが利点です。平均価格は10万ほどですが、その履き心地の良さには定評があります。

おすすめのコーディネートショップ
個人の趣味によるところも大きいですが、とにかくどれを見ても洗練されていて買いたくなるものばかりを置いているのが「ユーナイティッド・アローズ」です。かっちりしたビジネス用に加え、オフにも着れそうなアイテムも数多く置いているのが特徴。また、「トゥモローランド」も全国に店舗数が多く、思い立ったら手にとって見て買えるのが利点です。こちらも比較的低価格で、若年層から熟年まで着れるベーシックなデザインが魅力。カジュアルが多いですが、ビジネス用と組み合わせてうまくビジネス・カジュアルとしてコーディネートできそうなものばかりです。

おすすめの雑誌
30代以上向けのマガジンといえば「メンズクラブ」「レオン」「オーシャンズ」といった3大男性誌がまず頭に浮かびますが、雑誌ごとにファッション傾向などの特徴が大きすぎてどの雑誌を選んだらいいのかわからない、といった声も聞かれます。また、雑誌選びに費やす時間もあまりお持ちではないのではないでしょうか?巷ではマネがしやすい「メンズクラブ」、大人の色気を目指すなら「レオン」だと言われます。それぞれファッション傾向によって路線が違うのです。これでは自分の路線と違う雑誌は読まないですよね。そこでおすすめのが 定額マガジン購読サービスなどで、いろいろな雑誌を拾い読みしてみることです。
これなら普段じっくり読まない雑誌も読めるため、自分とはテイストの違う雑誌のコーディネートで新しい発見があるかも知れません。

スキンケアも大切に

男性特有の肌トラブルは?
お肌のトラブルで悩んでいる女性などのCMはよくテレビで目にします。女性の肌は男性よりも繊細でトラブルも起きそうですよね。でも実際には男性の肌のほうがトラブルが起きやすいのです。
その原因は乾燥、皮脂の過剰分泌、そしてひげそりです。
男性の肌は女性に比べ、水分量は半分以下、皮脂量は3倍、その上毛穴が大きいのです。ですからオフィスや打ち合わせ場所などの空調による乾燥、皮脂などのコントロールが大変。それにひげそりも正しく行わないと肌を傷めてしまい、老化も早いのです。
これは見逃せない事実ですね。

正しい洗顔方法を覚えよう
まず、肌を守るには正しい洗顔方法が重要ポイントになります。まず、洗顔料の選び方ですが、ドラッグストアで売られている、大量生産のものを使うと顔の皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。できればセレクトショップなどでも売っているオーガニック成分配合の石けんなど、油分を取りすぎない自然素材のものがいいでしょう。また、洗い方もごしごしとワイルドな男の洗顔方法はNG。石けんを泡立ててその泡で洗う感覚でやさしく洗顔しましょう。その際に洗顔ブラシなどは必要なく、手のひらでやさしく円を描くように洗うのがおすすめです。

髭剃りも肌に負担をかけない方法を
髭剃りも肌を傷める原因になっていたとはちょっと衝撃的な事実です。まず髭剃りに適している時間ですが、朝の起きてから20~30分の間です。ここではベーシックなT字カミソリでのシェービングをご紹介しますが、この時間帯はお肌も血行がよく、ハリもあるために髭剃りがやりやすいのです。

まず、洗顔をして余分な皮脂を取り除いてからできれば蒸しタオルなどを作っておき、シェービング部分を温めます。こうすることで髭を柔らかくし、抵抗が少なくなります。次にシェービング剤を塗ります。そして毛の流れに沿って剃り、剃り残しがあれば、逆剃りを行います。この時にあまり力を入れすぎないようにしましょう。シェービングが終わったら冷水で洗顔し、化粧水で肌を整えます。

また、電気カミソリの場合も剃る前にはプレシェーブ・ローションなどを塗ったほうが肌のためにいいでしょう。

保湿と紫外線対策も忘れずに
浅黒い肌の男性は魅力的ですが、男性でも保湿と紫外線対策は必要です。外国の医学雑誌で顔の右半分と左半分でシワの程度が違う男性の写真が掲載されたのを見たことがある方もおられるかも知れませんが、実は28年間トラックの運転手をし、顔の右半分だけが、日焼けした男性の顔で、日焼けしていない左半分は年相応なのに対し、日焼けをした右半分はみごとに深いシワが刻まれているのです。それだけに日焼けは男性であっても肌にダメージを受けます。ましてや顔が命の経営者ならなおさらダメージは防がなくてはいけません。
そのためには日焼け止めを塗るのが一番の方法ですが、SPFやPAといった数値が高いものがおすすめですが、肌の弱い人にはそれだけ肌に負担になるので、できればオーガニックのものがおすすめ。現在ではドラッグストアなどでワンコインでも買える日焼け止めですが、オーガニックだと2000円以上するものもざらです。でも白浮きしないとかつけ心地がいいなど、お値段分のメリットはあります。また付け方は顔の高い部分に4.5ヶ所置き、外に向かって伸ばしていきます。

おすすめの男性向け化粧品

オーガニックの定義とは?
男性向けの化粧品でも肌に優しいオーガニックのものがやはりおすすめです。現在日本で謳われている「自然派」「天然由来」「無添加」といった言葉は、必ずしも100%オーガニックという意味ではありません。むしろヨーロッパやアメリカのほうが基準が明確で「エコサート」「ビオコスメ」といったマークがパッケージに表示されているので、オーガニックを選ぶ基準の目安にはなります。

そこでおすすめなのが「ジョン・マスターズ・オーガニクス・メン」です。シェービングフォーム、洗顔料、フェイスクレンザー、アルガンオイル、パックとトータルで揃っています。成分は皮脂抑制効果のあるオーストラリア産のユーカリ、保湿力があるリュウゼツラン、それにアンチエイジングの白茶など、高級成分が配合されています。お値段は少しお高めですが、パッケージもステキでインテリアにもマッチします。全国にあるジョン・マスターのショップの他、通信販売でも購入できます。

国際有機認定機関認証「66°30」
フランスのメンズ専門オーガニックコスメブランド、66°30(ソワサント・シス・ドゥグレ・トラント)もおすすめのメンズ・オーガニックコスメです。ヨーロッパの国際有機認定機関である「エコサート」の認証を受けていますので、信頼度は高いです。
成分にはエコサートの基準を大幅に超えた自然由来の成分を使用しており、フランス国内のみならず、ヨーロッパ圏の男性ユーザーから支持を得ています。こちらは通信販売の他、有楽町阪急のような有名百貨店にて販売しています。

環境大国・ドイツのオーガニックコスメ
環境に厳しいことで有名なドイツのオーガニックコスメ「ラヴェーラ」もおすすめです。こちらはアフターシェーブクリーム、モイスチャークリームなどが揃っています。アフターシェーブローションの成分にはマリンミネラル、有機栽培のスギナ、カレンデュラなど、とにかく保湿を第一に考えており、肌への刺激も少ないのが特徴です。上品な緑茶やシトラスの香りも、ムスクなど男性的な香りが多いメンズ化粧品とは一線を画していてユニークです。

夏場は臭いや脇汗にも注意を

臭いがきつくなる原因は?
夏場の脇汗は経営者にとってとても困るもの。なぜなら嫌な臭いを発生させるからです。この臭いの原因は、アポクリン汗腺から出た分泌物が独特の臭いのもととなる成分を含んでいるためです。また、もうひとつの汗腺であるエクリン腺は運動したあとのようなサラサラ汗の出口ですが、時間がたつとアミノ酸が分解されるので、体臭となってしまいます。

正しい香水の使い方
すれちがいざまにふわっと香るムスクなどの香りに心を奪われてしまう女性も多いように、香水は男性にとっても、とても魅力的なツールです。香水をつける時は、まず身体をきれいにしてから。汗と香水が混ざるとそれこそとんでもない臭いになってしまいます。
香水は自分で臭うくらいだとつけすぎだと言われます。これくらいで少ないかな、というくらいの量で十分。男性用の香水はもともと、体臭対策のものが多いので、甘い香りや鼻にツンと来るものが多いです。ですからつけすぎには注意です。
自分でも香りをかぎたいと言われる方は、女性用のスパイシーな香りを探してみましょう。

脇汗を抑える方法
脇汗は女性のみならず、男性も悩みのタネです。なぜなら緊張すると出て来る汗だからです。この脇汗を抑えるにはやはり制汗スプレーなどがおすすめですが、現在では、ロールオンタイプも多く出てきています。

おすすめの香水や制汗剤
制汗剤も経営者ならドラッグストアなどで買えるものよりワンランク上のものを使いたいもの。2017年モンドセレクション銀賞に輝いた「クリアネオ」はお値段も6000円弱と制汗剤としては高いですが、臭いのもととなる原因菌を殺してくれるため、信頼度は抜群です。クリームが無添加仕様になっているので、敏感肌の方でも使えます。「永久返金保証制度」がついているのは、自信の現れでしょうか。

まとめ

男性の身だしなみからスーツ、靴、雑誌、髭剃り、洗顔、そして制汗剤とご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?忙しい仕事の合間にご自身のメンテナンスをするのは大変なことですが、こうしたメンテナンスも「ビジネスの一環」としてとらえて頂ければ幸いです。是非実践してみられることをおすすめ致します。

経営者は中身。でも外見も重要な要素では? http://beaucy.jp/