楽観的な人ほど心臓が丈夫?

951ed772 813b 4195 9c2a eb492da78a53



ポジティブな結果を期待する楽観的な性格は、心血管の健康と関連がみられることが、4,900人以上のヒスパニック・ラテン系の人々を対象とした新しい研究で分かった。米・イリノイ大学の研究グループがBMJ(2018; 8: e019434)で報告した。

楽観的性格スコアと心血管の健康スコアは相関関係

研究の対象は、18~75歳のヒスパニック・ラテン系米国人4,919人(男性45.4%、女性54.6%)。その内訳は、メキシコ(37.4%)、キューバ(20.1%)、プエルトリコ(15.5%)、ドミニカ(11.5%)、中米(7.4%)、南米(4.7%)などだった。

楽観的な性格については、改訂版楽観性尺度を用いて6(最も楽観的でない)~30(最も楽観的)のスコアで評価。心血管の健康については、米国心臓協会(AHA)の「Life's Simple 7」指標(血圧、BMI指数、空腹時血糖値、血清コレステロール値、食事摂取量、身体活動、喫煙の有無)を用いて、それぞれ「0:不健康」「1:普通」「2:健康」で評価し、合計スコア(0~14)で評価した。

その結果、楽観性尺度スコアが高いと、心血管の健康スコアも高くなっていた。さらに、楽観性尺度スコアを3分類して、「普通」と「楽観的」に分類された人は、「楽観的でない」に分類された人よりも心血管の健康スコアが高かった。

また、楽観性尺度のスコアは出身によって異なり、キューバと中米が最も高く、メキシコとプエルトリコでは最も低かった。

今回の研究から、楽観的な性格が、心血管の健康を向上させるために重要である可能性があることが分かった。明るい気持ちで日々を過ごすことが、心臓病の予防につながるかもしれない。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント