【経営者アンケート】コロナ禍で取りやめたM&A、「再検討する」が9割超 ストライクが経営者調査

1ca21f3e f13a 4c5b 85f2 0cf6bae3af44 camera_alt Shutterstock_Atstock Productionsさん

M&A(合併・買収)仲介を手掛けるストライクが7月に実施した経営者アンケートによると、新型コロナウイルスの感染拡大により、M&Aや事業承継を取りやめた企業のうち、9割超が「中期的には再検討する」と回答したことがわかった。政府は1日、コロナ禍による緊急事態宣言と、8県に適用中だった「まん延防止等重点措置」をほぼ半年ぶりに全面解除した。こうした政府の動きは、M&Aや事業承継を再検討するとしている企業にも影響しそうだ。

調査はストライクが7月2~5日に実施し、324件の回答を得た。回答した経営者の業種は、卸売・小売業、建設業、製造業、情報通信業、不動産業、サービス業などが多い。

調査によると、コロナ禍で取りやめたM&Aや事業承継の中期的な検討状況について「検討する」と答えた経営者は90.9%にのぼった。前回調査(3月)の72.7%、前々回(20年10月)の50%を大きく上回った。特に事業承継を検討している経営者は「再検討する」と回答した人が100%に達した。

ただ、M&Aや事業承継を再検討する時期についての質問に対しては「1年後以降」という回答が39.5%で最も多く、経営者はやや時間がかかるとみていることがわかった。次に多かったのは「7か月~1年後」(25.6%)で、「4~6か月後」(11.6%)との回答が続いた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント