【インド】ウィプロ、比の個人ケア用品大手を買収[製造](2019/05/01)

インドの日用品大手ウィプロ・コンシューマー・ケア&ライティングは4月29日、フィリピンのパーソナルケア・化粧品製販大手スプラッシュを買収することで正式合意したと発表した。ウィプロは今回の買収により、パーソナルケア部門の強化と東南アジアでの全面的な事業展開が実現する。

買収額は非公表。買収を巡っては先にフィリピン競争委員会(PCC)から承認を得ていた。

ウィプロのビニート・アグラワル最高経営責任者(CEO)は声明で、「アジアのパーソナルケア市場でトップ3になる目標を持つわれわれにとって、買収は大きなマイルストーンだ」と説明。スプラッシュの商品は今後、ウィプロが展開する海外市場にも投入されるという。

スプラッシュは1985年の設立。スクラブ洗顔料「マクシピール」やローション「スキンホワイト」などを製造・販売する。昨年の売上高は約8,000万米ドル(約89億3,000万円)だった。

ウィプロはコンシューマー分野で新興市場への投資を強化しており、今回の買収は11件目となる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント