業界初の新サービス! M&A仲介、保険料負担ゼロで売買リスクを補償~中小企業のM&A促進

C2e75478 4970 4198 8042 2696e3383ce2 camera_alt Shutterstock_Atstock Natee Meepianさん

M&A(合併・買収)仲介大手のストライクは9月1日、MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険と提携し、新たな仲介サービスを始めた。財務の虚偽事項などによるM&Aの想定外の損失を補償する「表明保証保険」を、保険料の負担なしで仲介サービスに付与する。こうしたサービスは業界初という。保険料をストライクが支払うことで、売り手企業のM&Aの負担を減らし、中小企業の再編や事業承継を後押しする。

M&Aの契約時には売り手企業が買い手企業に対し、財務や法務で虚偽事項がないことを表明し、保証するのが一般的。表明保証保険は、こうしたM&Aに潜むリスクをカバーする保険だ。ただ、こうした保険に加入するには費用がかかるため、売り手にとってはM&A仲介サービスを受ける上でのハードルの1つとなっていた。新サービスでは、保険料をストライクが負担し、売り手企業は表明保証保険の補償を受けることができる。

帝国データバンクによると、国内企業の経営者の平均年齢は2020年末時点で60.1歳となり、初めて60歳を超えた。経営者の高齢化は進んでおり、M&Aを事業承継の手段の1つとして検討する企業は増えている。コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の導入や新型コロナウイルスの感染拡大などを受けて、企業の「選択と集中」も進んでいる。ストライクと三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保は、新サービスの提供により中小企業のM&Aの動きを支援する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント