スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト

【マレーシア】マレーシア合板業界、日本からの受注停止[農水](2021/07/13)

マレーシアの複数の合板メーカーが日本からの新規受注を停止していることが分かった。木材の在庫と労働力が不足しているためで、日本国内の供給への影響が懸念される。

国際熱帯木材機関(ITTO、横浜市)の「熱帯木材市場リポート」が日刊木材新聞(英語版)を引用して伝えたところによると、サバ州最大の合板メーカーは5月から新規受注をストップした。

12日付スターによると、サラワク州最大手のシンヤン・グループも3月に日本からの新規受注を停止している。その他のメーカーも供給量を減らしており、出荷遅延が常態化。マレーシア政府が新型コロナウイルス対策として6月からロックダウン(都市封鎖)を開始したことで、供給量はさらに細っているという。

マレーシアから日本への熱帯木材合板の供給量は今年1~4月に前年同期比2.8%増の28万5,700立方メートルとなり、インドネシアを抜いて国別で最大となった。そのインドネシアも木材の供給不足に直面。北米市場の需要も旺盛なことから、日本への供給を増やすことは困難な状況だ。

関連記事

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント