スタートアップの資金調達・ビジネスマッチングサイト

【香港】環保署、使い捨てプラ食器規制で意見公募[社会](2021/07/12)

香港政府環境保護署(環保署)は9日、使い捨てプラスチック食器の規制計画に関する意見公募(パブリックコメント)を開始した。2025年から段階的に進め、最終的に使い捨てプラスチック食器の使用の全面禁止を目指す。意見公募は9月8日まで。

25年から開始する第1段階では、発泡スチロール製食器の消費者向け販売・提供を全面禁止すると同時に、店内飲食とテークアウトともに、プラスチック製で使い捨てのストロー、マドラー、カトラリー類、皿の提供を禁止。店内飲食はさらにプラスチック製使い捨てカップとそのふた、食品容器とそのふたの提供を禁止する。

第1段階実施から12~18カ月後に進ちょく状況を評価し、第2段階の実施時期を決定。第2段階では、テークアウトでも店内飲食と同様にプラスチック製使い捨て容器を提供できなくなる。

ただし、医療介護上の理由でのストローの提供や食品と一緒に事前にパッキングされたプラスチック製品など、特殊な事情での提供については配慮する。

政府はリサイクル計画「資源循環青写真2035」で、海洋廃棄物ゼロと海洋汚染の原因となるプラスチック廃棄物の削減を目標に掲げている。環保署が示した19年の統計によると、プラスチック廃棄物の1日当たり平均廃棄量は2,320トンで、埋め立て処理される都市固形廃棄物の21%を占める。このうち200トンがプラスチック食器だという。

関連記事

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント