【カンボジア】日通、医薬品輸送の適正流通基準認証を取得[運輸](2021/06/22)

日本通運のカンボジア子会社、カンボジア日本通運は18日、国内の輸送サービスに関して医薬品の適正流通基準「GDP」の認証を取得したと発表した。認証の発効日は今年3月14日。

カンボジア日通は多くの医薬品を輸入に依存するカンボジアの状況に対応するため、2019年12月に冷凍・冷蔵庫を完備した「プノンペンロジスティクスセンター」をプノンペン経済特区(SEZ)に開設。今年4月から、カンボジアの日系病院で使用される医療・医薬品の保管業務を開始していた。

同社は「今後ますます需要が見込まれる医薬品の分野において、安全・安心を届けるサービスを確立し、カンボジアの医療環境の発展に貢献していく」とコメントしている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント