【インド】中国ハイセンス、2年以内にテレビ工場設置[電機](2021/06/14)

中国の大手家電メーカー、海信集団(ハイセンス)は10日、テレビ需要の高まりに対応するため、2年以内にインドにテレビ工場を設置すると発表した。年産能力は200万台の見通し。現地法人のリシ・タンドン最高執行責任者(COO)の話として、PTI通信が伝えた。

設置場所や投資額は明らかになっていない。ハイセンスは昨年、インドのOEM(相手先ブランドによる生産)企業ビデオテックス・インターナショナルとライセンス契約を締結しインドに参入した。タンドン氏によると「インド市場から驚異的な反応を得た」ことが、製造拠点の設置の決断を後押ししたようだ。

同社はまた、年内に製品ラインアップを拡大する方針を明らかにした。レーザーテレビや量子ドット技術を使ったLED(QLED)テレビ、両開き冷蔵庫、洗濯機、食洗機、電子レンジなどを発売する。テレビでは、インド市場向けに設計した50~70インチの大型テレビの発売を予定する。

ハイセンスは、南アフリカ、スロベニア、セルビア、メキシコなどの14カ所に製造拠点を置く。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント