【中国】三井住友海上、広東企業の海外業務を支援[金融](2021/05/07)

三井住友海上火災保険は6日、中国全額出資子会社の三井住友海上火災保険(中国)が、広東省企業の国際貿易や海外進出に関係する保険手配をサポートする枠組み「広東対外貿易・投資企業リスクマネジメントプラットフォーム」を開発したと発表した。広東省の関係部門とも連携して同省企業をサポートする。

広東省企業はこの枠組みを通じ、海外リスク情報の収集のほか、保険の見積もりや申し込みを行うことができる。現在用意されている保険商品は海外生産物賠償責任保険と海外旅行傷害保険で、今後は貨物海上保険も追加する予定。

中国3大損害保険会社の中国人民財産保険、中国平安財産保険、中国太平洋財産保険と提携し、保険商品を提供していく。ユーザー企業が保険契約を結ぶのはこの3社のいずれかで、三井住友海上火災保険(中国)は3社の支援に回る。

今回の枠組みは2017年に広東省政府に提案し、実現に至ったものという。三井住友海上火災保険の担当者は、こうした枠組みを通じて「市場の活性化を図っていく」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント