【インド】デリー政府、ホテルをコロナ病院に転換[社会](2021/04/16)

インドのデリー首都圏政府(州政府に相当)は14日、域内のホテルと宴会場を新型コロナウイルス感染症患者専用の病院へと変換するよう命じた。感染者の急増を受け決定した。20カ所以上のホテル・宴会場を対象とし、病床数を2,000床以上増やす。首都圏政府のサティエンダー・ジャイン保健相がツイッターで明らかにした。

政府は、各ホテル・宴会場とペアを組む医療機関を指名した。指名された医療機関はホテル・宴会場に医師や看護師を派遣し、患者に対応する。2段階に分けて受け入れ体制を整える計画で、1期で2,112床、2期で282床を整備する。

対象となったホテル・宴会場は、◇セブンシーズホテル◇クラウンプラザホテル・ニューデリー・オクラ◇フレイザースイーツ・ニューデリー◇ウエルカムホテル・ドワルカ(ITCホテルズグループ)――など。ペアを組む医療機関は、アポロ・ホスピタルやマックス・スマート・スーパー・スペシャルティー・ホスピタル、フォルティス・ホスピタル(シャリマーバーグ)などを指名した。

医療機関側は、医療設備や医療用の個人防護服(PPE)などの手配も担う。ホテル・宴会場で受け入れる患者は重症者以外で、重症化した場合は医療機関に搬送する。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント