【シンガポール】入国者向けアプリ、チャンギ空港が提供開始[運輸](2021/04/06)

1b500931 15cb 41a6 a993 8632d07e12bc
チャンギ・エアポート・グループは5日、入国時に必要な情報や申請フォームなどに一括でアクセスできるアプリ「セーフ・トラベル・コンシェルジュ(STC)」の提供を開始すると発表した(同社提供)

チャンギ・エアポート・グループは5日、入国時に必要な情報や申請フォームなどに一括でアクセスできるアプリ「セーフ・トラベル・コンシェルジュ(STC)」の提供を開始すると発表した(同社提供)

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)は5日、入国時に必要な情報や申請フォームなどに一括でアクセスできるアプリ「セーフ・トラベル・コンシェルジュ(STC)」の提供を開始すると発表した。利用者が同アプリを通じ、到着時のPCR検査の予約のほか、入国条件を満たしているかなどを確認できるようにした。

利用者がアプリに登録した情報と旅程に応じて、シンガポールに入国する前にやるべきことのリストを表示する。電子入国カードや健康申告書などへのアクセスや、最新の新型コロナウイルス関連のニュースの確認もできるようにした。

シンガポールでは、政府が5月から空路で同国に入国する人に義務付けている出発前PCR検査の結果の提出方法に関して、国際航空運送協会(IATA)が開発するデジタル健康証明書アプリ「IATAトラベルパス」の利用を正式に認可するなど、出入国手続きの電子化が進められている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント