【中国】春節連休は2.6億人が旅行、19年比で2割減[観光](2021/02/26)

中国文化観光省は25日、春節(旧正月)連休(今年は2月11~17日)の国内観光客数が延べ2億5,600万人だったと発表した。新型コロナウイルス流行前の2019年同期に比べ約2割減少した。

国内観光収入は3,011億元(約4兆9,400億円)で、コロナ前から約4割減少した。

新型コロナの流行下だった前年同期に比べると、国内旅行者数は15.7%、国内観光収入は8.2%それぞれ増加している。

今年は政府が「今いる場所で年越しを」と呼び掛けていたこともあり、近場の旅行が主流になった。「白雲山風景区」(広東省広州市)や「丹景台風景区」(四川省成都市)、「即墨古城」(山東省青島市)などの景勝地で観光客の姿が目立った。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント