【インド】ウーバー、コルカタでeリキシャ500台導入[運輸](2020/11/23)

米配車大手ウーバーは19日、インド東部コルカタでタクシー用の電動三輪車(eリキシャ)500台を導入したと発表した。eリキシャの導入は、北部デリーに続く2都市目となる。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が伝えた。

19日からコルカタのハウラーやバラサット、マディヤムグラム、ラジャハット、ソルトレークといった地区でeリキシャの利用が可能になった。通勤などでの目的地までの近距離移動の需要に、環境に優しく値段も手頃なeリキシャで応えるという。

デリーでは今月に入ってから、首都圏を走る都市高速鉄道(メトロ)「デリーメトロ」のブルーラインの26駅付近に100台を導入した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント