【ベトナム】トヨタ、9月販売13%減の6366台=年内最多[車両](2020/10/13)

08793cca 1508 4404 a785 0c0ec582ac4f

トヨタ・ベトナム(TMV)が12日に発表した2020年9月の販売台数(レクサス除く)は、前年同月比13%減の6,366台だった。年初から月別で最大、マイナス幅は過去7カ月間で最も小さかった。

モデル別トップは小型セダン「ヴィオス」で25%増の2,912台と大幅に伸びた。年初からの累積販売は1万9,120台と国内のベストセラー車となっている。以下に、8月発売のスポーツタイプ多目的車(SUV)「カローラ・クロス」が1,154台で続き、全体をけん引した。

一方、SUV「フォーチュナー」(61%減の553台)や多目的車(MPV)「イノーバ」(78%減の239台)が振るわなかったほか、中型セダン「カムリ」とセダン「カローラ・アルティス」は、それぞれ27%減の378台、3%減の310台と前年同期を下回った。

部品を輸入して現地で組み立てる完全ノックダウン(CKD)は3,961台で、全体の62%を占めた。CKDと完成車(CBU)輸入を組み合わせるフォーチュナーの販売台数のうち、CKDモデルは500台(90%)。CBUの販売台数は計2,405台だった。ほか、同月のレクサス車の販売は62台で、累計が7,000台を超えた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント