【中国】大連のコロナ新規感染者14人増、2日連続2桁[社会](2020/07/28)

遼寧省衛生健康委員会は27日、26日に同省で新型コロナウイルス感染症(COVID19)の新規感染者が14人判明したと発表した。全て大連市で確認され、同市での新規感染者は2日連続で2桁となった。

大連市では22日に感染が確認された水産品加工企業「大連凱洋食品」の従業員男性を中心に感染が広がっている。26日に判明した14人のうち4人は同じ水産品加工企業の従業員。9人は高リスク地域に指定された甘井子区大連湾街道(街道は末端の行政組織)の居住者だった。

26日には新たに12人の無症状感染者も確認され、全て大連市で報告された。

大連市では大規模なPCR検査を実施しており、26日には1日当たりのサンプル採取数が125万4,000件に達したという。

■吉林でも2人増

吉林省衛生健康委員会は27日、26日に新たに2人の新型コロナの感染者が判明したと発表した。2人とも大連凱洋食品系の従業員で、17日と18日にそれぞれ大連から戻ったことが確認されている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント