【ミャンマー】感染「第2波」に備えを、スー・チー氏[社会](2020/06/17)

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は15日、自身のフェイスブックで、「新型コロナウイルス感染症の第2波はより困難なものになる」として、警戒を怠らないよう国民に呼び掛けた。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが16日伝えた。

国内の新型コロナの感染者数は16日午前までで累計262人、死者は6人に抑えられている。スー・チー氏は「新型コロナの第1波は乗り切った」との認識を示した。第2波については「どんな困難が訪れても、大いなる希望を持って、最悪の事態に備えよう」とした。

スー・チー氏はまた、政府としても緊急事態に備えて食料備蓄や財源の確保を進める方針を表明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント