【韓国】サムスンの海外派遣募集、コロナ禍で中止に[経済](2020/06/05)

サムスングループが、毎年社員を海外に派遣する「地域専門家」の今年の募集を中止したことが4日、分かった。新型コロナウイルスの世界的な感染で、社員の健康と安全を最優先したようだ。

サムスン電子の広報担当者はNNAの取材に対し、「2020年上半期中に出国を予定していた昨年の選抜者については、来年派遣する予定だ」と話した。募集の中止は、アジア通貨危機が発生した1998年以来、22年ぶりとなる。

サムスン電子は、海外のニーズに合った商品を製造・販売するために、現地の言葉を学んで生活に溶け込める社員を同制度を通じて育ててきた。毎年約400人を選抜し、給料とは別に1人当たり最低約1億ウォン(約893万円)の経費をかけて現地に派遣していた。

ただ4日付ソウル経済新聞によると、海外を旅行する韓国人観光客が増え、海外の情報に簡単にアクセスできるようになったことから、「メリットが減った」として同制度の見直しを求める声が上がっているという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント