【ミャンマー】「アビガン」100人分、日本から引き渡し[医薬](2020/05/26)

日本政府は23日、新型インフルエンザ薬「アビガン」100人分をミャンマー保健・スポーツ省に引き渡した。在ミャンマー日本大使館が25日に公表した。ミャンマー国内で、新型コロナウイルス感染症の臨床試験に役立てられる。

アビガンは富士フイルム富山化学が開発したインフルエンザ治療薬で、新型コロナの治療薬としても効果が期待されている。今回、ミャンマー政府の要請を受け、100人分に相当する1万2,200錠が無償供与された。

アビガンは日本国内の新型コロナ治療で投与され、副作用がみられる一方、症状が改善するケースも確認。有効性を正確に判断するための臨床試験が続いている。

日本政府は、人道支援と臨床研究の拡充を目的に世界20カ国以上にアビガンを無償供与することを決定。対象国には、ミャンマーのほか、インドネシア、トルコなどが含まれ、日本への臨床データの提供を求める。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント