【タイ】ザ・モール、11月に新たなECサイト開設へ[商業](2020/05/12)

タイの小売・商業施設運営大手ザ・モール・グループが、11月に新たな電子商取引(EC)サイトの開設を計画していることが11日までに分かった。新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛によりオンラインショッピングの需要が拡大しており、同感染症の収束後も消費のオンライン化が進むと見込まれることからEC事業を強化する。

ザ・モール・グループの広報担当者によると、新たに開設するECサイトでは、「エンポリアム」「エムクオーティエ」「サイアム・パラゴン」など同社が運営する商業施設や百貨店の商品を集約して販売する。

同社は、会員カード「Mカード」の加入者を対象としたECサイト「Mカード・ショップ・オンライン」を運営。バンコク首都庁(BMA)の命令により首都圏の商業施設が3月22日から一時閉鎖されたことを契機に、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントでスタッフとやり取りをしながら買い物ができる「チャット&ショップ」サービスも開始した。

広報担当者によると、同社のオンライン売上高は商業施設の一時閉鎖以降、平常時の10倍に増加。主な顧客は30~40歳のホワイトカラー層で、エンポリアムとエムクオーティエの売れ筋商品は化粧品と小型家電という。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント