【カンボジア】交通違反の新罰金、3日で8400台超に適用[運輸](2020/05/05)

カンボジア国家警察は、1~3日に8,400台以上の車両に交通違反の罰金を科したと発表した。カンボジアでは交通事故の削減に向け、交通違反の罰金が1日から大幅に引き上げられた。地元各紙(電子版)が伝えた。

1~3日に罰金を科されたのは、二輪車が6,527台、自動車が1,888台だった。警察は同期間、全国に警官3,000人以上を配備して違反の取り締まりに当たった。

違反の内容は、二輪車がヘルメット未着用での運転や車体の整備不備、反対車線の走行、信号無視、スピード違反など。自動車は、シートベルト未着用、運転免許証の不携帯、スピード違反、過積載、信号無視などだった。

在カンボジア日本大使館によると、罰金の額は二輪車の場合、ヘルメット未着用で従来の1万5,000リエル(約395円)から6万リエルに、運転中の携帯電話使用はゼロから8万リエルに、飲酒運転は3万リエルから25万リエルに、それぞれ引き上げられた。

自動車の罰金額は、スピード違反は超過スピードによって、従来の1万5,000~6万リエルから、6万~30万リエルに引き上げられた。シートベルトの未着用は2万5,000リエルから7万5,000リエル、信号無視は5万リエルから15万リエル、飲酒運転は6万リエルから40万リエルに、それぞれ引き上げられた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント