【ベトナム】三井倉庫、ホーチミン支店を開設[運輸](2020/05/08)

物流事業を手掛ける三井倉庫(東京都港区)の現地法人、三井倉庫ベトナムは4月29日、新設したホーチミン支店の業務を開始した。同社が支店を開設したのは初めて。

ホーチミン支店は、同市1区グエンティミンカイ通り沿いの「ヨコ・オフィスビル」の1階に入居する。貨物の保管や国際輸送、輸出入通関、トラック輸送といった総合物流サービスを提供する。

三井倉庫ベトナムは、2017年に北部ハイフォン市のディンブー工業団地に設立された。物流に関わるフルライセンスを取得し、倉庫業、利用運送業、通関業、輸出入フォワーディング業、流通加工業、梱包(こんぽう)業、サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)を手掛ける。

同社は先月、野村ハイフォン工業団地にも営業所を開設した。ベトナムで顧客の利便性を向上するとともに多様化する物流ニーズを取り込み、物流事業の強化を図る。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント