【韓国】就業者の1割「月収100万ウォン未満」[経済](2020/04/22)

韓国統計庁の調査によると、韓国の就業者274万7,000人(2019年10月時点)のうち、1カ月の収入が100万ウォン(約8万8,300円)に満たない低賃金労働者の割合が10.1%に上ったことが分かった。

産業別の内訳を見ると、農林漁業(30.6%)、宿泊・飲食店業(27.8%)、保険業・社会福祉サービス業(23.7%)、芸術・スポーツ・レジャー関連サービス業(20.0%)などで割合が高かった。

ただ、1年前と比べると全体の割合は0.1ポイント低下した。賃金が200万ウォン未満の労働者の割合は縮小し、200万ウォン以上の割合が拡大する傾向は、16年上半期から継続している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント