【ミャンマー】マンダレー市、マスク着用を義務化[医薬](2020/04/17)

ミャンマー第2の都市マンダレーは17日から、市民に外出時のマスク着用を義務付ける。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが16日報じた。

マンダレー市開発委員会(MCDC)のチョー・サン・ミン委員によると、市民に縫製業者などからの寄付で寄せられた、再利用可能なマスクを配布するという。

■ヤンゴンでも警察が協力要請

最大都市ヤンゴンで最も通行量が多いチャウタダ郡区でも、13日から交通警察と関連機関による協力要請が始まった。警察などは、通り過ぎる車両に乗る人や歩行者が、マスクを着用しているかどうかを確認。マスクを持っていない人には無料でマスクを渡すほか、行き先や外出の理由を尋ね、不要不急の用で出歩かないよう促している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント