【韓国】セルトリオンの乳がん薬、日本シェア40%に[医薬](2020/04/21)

韓国のバイオ医薬品大手セルトリオンの販売子会社、セルトリオンヘルスケアは20日、乳がん治療薬「ホジュマ」(一般名トラスツズマブ)が、日本のトラスツズマブ市場でシェア40%を達成したと発表した。

ホジュマはスイスの製薬会社ロシュ「ハーセプチン」のバイオ後続品。日本では2018年11月に厚生労働省から承認を受け、日本化薬(東京都千代田区)と共同で販売を手掛けてきた。既存の「1週間で1回投与」治療薬に加え、昨年8月には「3週間で1回投与」治療薬の追加販売許可を取得し、シェアが急拡大した。

セルトリオンの関係者は「日本のトラスツズマブ市場は4,000億ウォン(約354億円)規模で、今後も成長が見込めることから、さらなるシェア拡大が期待できる」と話した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント