【インド】新型肺炎で観光地を閉鎖、タージマハルも[観光](2020/03/18)

インド保健・家族福祉省は16日、博物館や文化的・社会的施設を31日まで閉鎖すると発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた措置。インド考古調査局(ASI)は16~17日にかけて、国内143カ所の入場券が必要な全ての遺跡と博物館を31日まで閉鎖すると明らかにした。17日から施行され、北部ウッタルプラデシュ州アグラの世界遺産タージマハルも今月末まで入場が制限される。

パテル観光相も16日にツイッターで、入場券が必要な全ての遺跡と博物館を31日まで閉鎖すると発言していた。

連邦直轄地アンダマン・ニコバル諸島の全ての観光地も、16~26日の日程で閉鎖されている。観光省の16日の発表によると、ビーチ、桟橋、エコツーリズム施設などが利用できなくなる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント