【香港】ホテルのドーセット、隔離者向けプラン発売[観光](2020/03/20)

香港政府による入境者の強制検疫対象拡大を受け、地場ホテル運営の帝盛酒店集団(ドーセット・ホスピタリティー・インターナショナル)は域内で運営するホテル9軒で隔離者向けプランを提供する。19日付スタンダードが伝えた。

ドーセットは18日、このプランに関する広告を掲載。宿泊料金は14日間の滞在で3,920HKドル(約5万5,000円)、21日間で1万1,600HKドル。発売に当たって感染予防を優先し、客室の空調設備は個別に管理・稼動させると説明している。

姚思栄(ウェイン・イウ)立法会(議会)議員(観光業界選出)は、「一部のホテルは隔離者向けのプランを提供しているが、(感染などの)リスクがそこまで高くないとみているためだ」と指摘。また、現在ホテルの客室稼働率が非常に低い状況も背景にあるとの見方を示した。

ホテル経営者らでつくる香港酒店業主聯会(FHKHO)の李漢城(マイケル・リー)執行総幹事(事務局長)は、政府はホテル側と詳細を詰めていないとした上で、「検疫が必要な宿泊客を受け入れるかどうかを各ホテルが独断で決めている」とコメントした。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント