【韓国】自動運転車対応指数、韓国は13位[車両](2020/03/05)

D99bf2f1 a8a5 4ae8 adce 56cd724ae27a

韓国の2019年における「自動運転車対応指数」は主要25カ国・地域中13位で、前年から3ランク下落した。自動運転ネットワークインフラや研究開発(R&D)は上位だったが政府の規制水準が高く全体のランクを引き下げた。4日付電子新聞が伝えた。

大手会計事務所KPMGインターナショナルの「2019年自動運転車対応指数」(AVRI)によると、韓国は電気自動車(EV)充電所や通信環境、特許などでは評価されたが、政策や法制度に対する規制は他国より厳しいと判断された。

ただ、韓国政府は最近、未来産業に対する規制を大幅に緩和するとしており、自動運転車関連の法案も全面的に認められる見込みだ。

AVRIは自動運転車への対応に対する「政策・法制度」「技術・イノベーション(技術革新)」「インフラ」「消費者の受け入れ姿勢」の4項目の評価を総合し、ランク付けを行ったもの。トップはインフラや消費者の受け入れ姿勢で高評価されたオランダ、2位はシンガポールだった。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント