【フィリピン】発電所の免許更新遅延も、新型肺炎が影響[公益](2020/02/10)

フィリピンのエネルギー統制委員会(ERC)のデバナデラ委員長は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、複数の発電所で事業免許証(COC)の更新手続きが遅れるとの見通しを明らかにした。マニラブレティンが6日伝えた。

送電網に接続されたオングリッドの発電所59カ所と、自家発電など送電網とは接続されていないオフグリッドの発電所27カ所で更新手続きの遅れが見込まれている。対象となる発電所の出力は計775万6,900キロワット(kW)余り。

デバナデラ委員長は、新型コロナウイルスの影響で特に人の移動が制限されるため、「適切な時期に検査を先送りすることになる」と説明。一方で、急な電力需要の増加に対応できなくなることはないと指摘した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント