【カンボジア】中国人20万人が出国、オンライン賭博規制で[経済](2020/02/06)

カンボジア内務省の移民総局によると、昨年8月のオンラインギャンブル規制後から同年末までに、約20万人の中国人がカンボジアを出国したことが分かった。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

1月30日に内務省で開かれた移民総局年次会合でキルット・チャンタリット総局長は、2019年はカジノで働く中国人を中心に、長期滞在する外国人が激増したと報告。発行した長期滞在ビザ(査証)約45万人分のうち、中国人が7割を占めたと説明した。

だが、昨年8月に政府がオンラインギャンブルの事業ライセンス発行中止を発表すると、中国人の長期滞在者数は激減し、年末までに20万人以上が出国したという。

財務経済省によると、昨年6月時点で全国に163カ所あった認可済みのカジノは、今年1月上旬に136カ所まで減少。さらに1月末には南部シアヌークビルの56カ所を含む118カ所にまで減っている。

シアヌークビル州労働局によると、カジノ閉鎖に伴い同州では約7,700人が失業。現地の中国商工会議所は、中国企業40社が元カジノ従業員の雇用を約束していると述べている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント