【韓国】韓国政府、VR・AR育成に集中投資[IT](2020/01/31)

韓国科学技術情報通信省は29日、第5世代(5G)移動通信システム産業の活性化に向け、今年はデジタルコンテンツ部門の育成に1,900億ウォン(約175億円)を投資すると発表した。

5Gの代表的なサービスである仮想現実(VR)や拡張現実(AR)など体験型コンテンツの制作とインフラ整備に659億ウォンを投じる。コンテンツ制作を促進するためアジア最大規模となる「実感コンテンツスタジオ(仮称)」を3月に開設する予定だ。

このほか◇デジタルコンテンツの開発企業の競争力強化に253億ウォン◇デジタルコンテンツ産業のインフラ強化や人材育成に224億ウォン◇基幹技術の開発に535億ウォン――などを投じる計画だ。

コンピューターグラフィックス(CG)を使ったコンテンツ制作や、情報通信の新技術と融合したデジタルコンテンツ制作にも積極的に支援していく。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント