【韓国】キャンプ用品スノーピーク、地場と資本提携[繊維](2020/01/29)

キャンプ用品を手掛けるスノーピーク(新潟県三条市)は27日、韓国での販売強化に向けて韓国のバーチャルテックと資本業務提携を締結したと発表した。

昨年12月にバーチャルテックの普通株380万株(6.6%)を第三者割当の方式によって約2億8,721万円で取得した。バーチャルテックが計画するスポーツ衣料の開発に参加する。また、2月20日のロッテ百貨店坪村店への出展を皮切りに、ギャラリアや新世界、現代などの有力デパートを中心に年内に70店舗を出店する計画という。

バーチャルテックは古紙の回収・販売を主力事業としてきたが、新しいビジネスとしてアパレル・スポーツ用品の開発や製造・販売に力を入れている。

スノーピークは「これらの出店計画を着実に実行するには、中長期的に密接な関係を築くことが重要だと判断し、資本提携に至った」と説明した。2008年に設立した販売子会社スノーピーク・コリアとも連携し、韓国国内での認知度向上と販路拡大を図る。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント