【香港】衣料バウハウス、香港不採算店を閉店[繊維](2020/02/24)

香港のアパレル会社、包浩斯国際(バウハウス・インターナショナル)は20日、不採算となっている香港の8~10店を閉店すると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の流行に伴う旅行者の減少や、市民の消費意欲の低迷を背景とした経営環境の悪化を理由に挙げた。

閉店に伴う減損は約1,600万~5,000万HKドル(約2億3,000万~7億1,800万円)に上る見込み。閉店に伴う解雇を前提に、従業員約100人と金銭補償に関する協議も進めていく。

バウハウスは不採算店の閉店について、「グループ全体の運営やキャッシュフローに大きな悪影響を及ぼすことはない」としている。

バウハウスは1月、中国本土事業からの撤退と台湾事業の縮小を発表したばかり。新型肺炎の拡大に収束の兆しが見えない中、難しいかじ取りを迫られている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント