【ベトナム】歯科器材の松風、ハナム省に製造拠点[製造](2020/01/22)

歯科器材の製造・販売を手掛ける松風(京都市)は21日、ベトナム北部ハナム省に完全子会社を設立し、歯科用の研削・研磨剤の生産を開始すると発表した。同社初のベトナム拠点で、世界的な歯科器材の需要拡大に対応する。

現地法人ショウフウ・プロダクツ・ベトナムを今年3月に設立する。資本金は7億円規模。同年4月に工場を着工し、2021年4月に稼働する予定だ。工場の延べ床面積は約3,000平方メートルで、当初の従業員は30人。投資額は約4億円になる。

松風の担当者によると、生産した研削・研磨剤は欧米地域を中心に世界各国へと輸出する計画だ。また、将来的には生産品目の拡大や変更もあり得ると説明した。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント