【インドネシア】第2チカンペック一時進入禁止、帰省渋滞で[運輸](2019/12/23)

B28efbe0 cb40 4108 86cd 1b69c0065a63

インドネシアの首都ジャカルタと東部の工業地域を結ぶチカンペック高速道路の高架道(第2チカンペック高速道路)では21日、通行車両が増えて渋滞が発生し、当局が一時的に車両の進入を禁止した。クリスマス休暇を控えた帰省ラッシュがこの日ピークに達したとみており、交通当局は通行規制を敷くなどの対策を講じている。

21日の国営アンタラ通信などによると、第2チカンペック高速道路では正午から10分間と、午後1時30分から20分間、チカンペック方面行きの高架道入り口から車両の進入が禁止された。ジャカルタ警察によると、22~23キロメートル地点で不具合を起こした車両が立ち往生したために渋滞が発生した。

ブディ運輸相は、進入禁止措置について「高架道路に車両が渋滞で長時間動かなければ、燃料切れの車や体調を崩す人が出てくる恐れがある」と説明した。

政府は、帰省ラッシュ対策として、チカンペック高速道路のチカンペックウタラ付近(70キロ地点)からジャワ島横断高速道路のカリカンクン地点(424キロ地点)までの区間で、21日は午前6時から午後6時の間、東方面だけの一方通行にすることを急きょ決定した。

渋滞する第2チカンペック高速道路=21日、西ジャワ州ブカシ(アンタラ通信)

渋滞する第2チカンペック高速道路=21日、西ジャワ州ブカシ(アンタラ通信)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント