【香港】高級ホテル、クリスマス・旧正月の予約軟調[観光](2019/12/20)

ホテル経営企業で組織する香港ホテル・オーナー連盟(FHKHO)の李漢城(マイケル・リー)総幹事はこのほど、クリスマスと旧正月(春節、2020年は1月25日)の高級ホテルの予約率が約3割にとどまっていると明らかにした。19日付香港経済日報などが伝えた。

李氏によると、11月の一部高級ホテルの客室稼働率はビジネス客の減少を受けて3~4割にとどまった。全体の客室稼働率も約6割で、宿泊客のほとんどは中価格帯のホテルに集中しているという。

ホテル各社は従業員に無給休暇の取得を要請したり、アルバイトの数を減らしたりして人件費を削減しているが、李氏は「その場しのぎにすぎない」とし、政府による業界への支援策や、日本や中国本土、韓国などへの観光PR強化の必要性を訴えた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント