【台湾】高雄の優良日系企業、台湾日石など3社表彰[経済](2019/12/20)

2baf7622 33aa 40cd 97b6 ceaa76f6e45c
高雄市政府経済発展局が「2019年度高雄市優良日本企業表彰式典」を開催し、日系企業3社が表彰された=19日、高雄(NNA撮影)

高雄市政府経済発展局が「2019年度高雄市優良日本企業表彰式典」を開催し、日系企業3社が表彰された=19日、高雄(NNA撮影)

高雄市政府経済発展局(経発局)は19日夜、同市内で事業を展開し、市の発展に貢献している日本企業を表彰する「2019年度高雄市優良日本企業表彰式典」を開催し、JXTGエネルギー子会社の台湾日石、中外炉工業子会社の台湾中外炉工業、東京窯業子会社の台湾東京窯業の3社を表彰した。高雄市政府を代表して、葉時匡副市長が各社のトップに賞状とトロフィーを手渡した。

高雄市による表彰式は今年で10回目。同市の日系企業関係者を中心に約150人が参加した。葉副市長はあいさつで、「高雄市は台湾の中でも日本を重視している。これからも高雄市政府として日系企業を全力でサポートしていきたい」と述べた。

今回表彰された3社のうち台湾日石は1988年に設立。各種潤滑油を製造販売している。同社の小島大蔵総経理はNNAに対し、「歴史の長さや安定した運営を評価されたと思う」とコメントした。

台湾中外炉工業は95年に台北から高雄に移転した。工業炉を製造販売する。同社の藤森章総経理は、「今後も製品の高品質化だけでなく、大気汚染や環境汚染対策にも尽力していきたい」と意気込んだ。

台湾東京窯業は87年に設立し、耐火材を手掛ける。副田知美総経理は、「現在インドネシアに製品を輸出しているが、今後も東南アジア市場を強化していきたい」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント