【韓国】20年の公示地価上昇、1位は明洞の化粧品店[経済](2019/12/26)

2020年初めに発表される韓国の公示地価は、高額の不動産を中心に19年に比べ上昇する見通しだ。

韓国国土交通省が24日に公表した来年度の公示地価(予定)によると、明洞のネイチャーリパブリックの公示地価は1平方メートル当たり1億9,900万ウォン(約1,870万円)と2億ウォンに肉薄し、前年に比べ8.7%上昇する見通しだ。2位は同じく明洞のウリ銀行(1億9,200万ウォン、前年比8.2%上昇)、3位も明洞にあるユニクロ(1億8,600万ウォン、6.6%上昇)で、それぞれ大きく上昇する見通し。

一方、ソウル・江南地区では、現代自動車グループの新社屋として三成洞に建設予定のグローバルビジネスセンターが6,500万ウォンと、14.6%上がるとみられる。松坡区の第2ロッテワールドモールは4,700万ウォンで2.1%上昇にとどまりそうだ。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント