【韓国】LG電子、レストラン向けのロボットを開発[製造](2019/12/18)

34840efe a60f 43cf 9f96 4a901b6925e7

韓国LG電子は2020年1月に米国ラスベガスで開幕する世界最大の家電・テクノロジー見本市「CES2020」で、レストランで接客や注文、調理などをこなせる各種ロボットを公開する。展示スペースを別途に設け、訪問者がこれらのロボットを活用したレストランの雰囲気を体験できるようにする。

客が店内に入ると、ロボットが予約を確認してテーブルまで直接案内する。注文や支払いもロボットを通じて行う。顧客が注文した料理を調理するロボットは、実際のシェフのように動けるよう、ソフトウエアで動作をコントロールする。さまざまな形の器や調理器具を落とさないで使用できるようにする技術も導入した。

調理を終えた料理は、自律走行機能を持つロボットが顧客のテーブルまでの最適なルートを判断して運ぶ。複数のテーブルに料理を一度に運ぶことも可能だという。顧客が食事を終えた後の皿洗いと洗浄も専用ロボットが対応。顧客は食後に、バリスタロボットが入れたコーヒーを楽しむことができる。

LG電子関係者は「ホールやキッチンでの単純な作業はロボットに任せて、従業員はより創造的な仕事に集中できるようになる」と話す。今後は、各レストランのデータを収集して、顧客ごとにメニューや座席の位置などの好みを分析して提供するサービスを開発する計画だ。

LG電子は来年、レストランで使用できる各種ロボットを公開する(同社提供)

LG電子は来年、レストランで使用できる各種ロボットを公開する(同社提供)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント