【香港】福井県、中環に日本酒の期間限定店を開設[食品](2019/11/21)

D6eabb5a 7b10 4653 b3a3 257429d65a36

福井県は20日、香港島・中環(セントラル)のクリエーティブ施設「PMQ(元創方)」に、福井の酒を主体とした期間限定アンテナショップをオープンした。県内20の酒蔵による50種以上の日本酒などを展示販売し、香港での県産品の販路拡大と観光客誘致を図る。

PMQで日本酒の販売などを手掛ける複合施設「Sake Central」に12月31日まで設置。期間中は越前焼の絵付け体験などのワークショップも行う。20日にはオープニングセレモニーが開かれ、招待客約30人に福井の地酒がふるまわれた。

福井県が日本酒を主体としたアンテナショップを香港で開設するのは初めて。来年3月には同じくSake Centralで、今回とほぼ同じ酒蔵の新酒を揃えた第2弾も計画している。

県国際経済課の野田瑞穂主任は、「商談会などは一過性で終わってしまうため、長期で展示できるアンテナショップとした」と説明。酒蔵は企業規模が小さく、海外展開の意欲はあっても実行が難しいといい、「このアンテナショップが酒蔵の海外販路開拓のきっかけになってほしい」と期待を込めた。

福井県は、県産の日本酒などをPRするアンテナショップを12月31日まで中環に開設している=20日(NNA撮影)

福井県は、県産の日本酒などをPRするアンテナショップを12月31日まで中環に開設している=20日(NNA撮影)

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント