【中国】11月開催の輸入博、国家展に64カ国出展[経済](2019/10/23)

11月5~10日に開催される輸入拡大を目的とした大型見本市「中国国際輸入博覧会」で、各出展国が経済・貿易発展の成果などを展示する「国家貿易投資総合展(国家展)」に出展する国が出そろった。今年は64カ国、国際機関3機関が参加する。輸入博の事務局である中国国際輸入博覧局が21日発表した。

アジアからは中国(香港、マカオ、台湾含む)、カンボジア、インド、マレーシア、タイ、モンゴル、ネパールなど15カ国が出展する。西アジア・中東・アフリカからはヨルダン、レバノン、サウジアラビア、南アフリカなど計11カ国、中央アジアからはカザフスタン、ウズベキスタンなど計8カ国、ヨーロッパからはチェコ、フランス、イタリア、ポルトガルなど計15カ国、アメリカ大陸からはジャマイカ、ペルー、コロンビア、ブラジルなど計15カ国が参加する。

このほか、国際貿易センター(ITC)、世界貿易機関(WTO)、国連工業開発機関(UNIDO)の3機関もブースを設ける。

ネットメディアの澎湃新聞によると、国家展の展示場面積は3万平方メートル。中国は建国70周年を記念して中国の経済と社会の発展の成果を展示する。

■シェアサイクルの回収進む

輸入博の開催を間近に控え、上海市中心部では道路脇に遺棄されたシェアサイクルの回収が進められている。22日付新聞晨報によると、直近1カ月で2万3,000台の回収を完了。北京摩拝科技(モバイク)は輸入博の期間中、幹線道路に放置された自転車を移動、回収する方針を示している。

昨年に続き2回目となる輸入博は、上海市青浦区の国家会展中心(上海)で開かれる。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント