【フィリピン】ITBPO業界、100万人の技能向上事業[経済](2019/10/25)

フィリピンのITビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界は、向こう5年で100万人を対象に技能向上プログラムを実施していく計画だ。ビジネスワールドが24日伝えた。

プログラムは、IT・BPO業界の就業者が対象。正式発表と同時にスタートする。大学と提携し、ITBPO産業から講師を大学に派遣したり、講師を企業に招いたりする計画だ。

フィリピン情報技術受託協会(IBPAP)のレイ・ウンタル会長は「年10万人以上を育成したい」と述べた。現在審議中の包括的税制改革(CTRP)第2弾で、業界の人材育成プログラムに対する財政支援として年50億ペソが盛り込まれていることから、動向を注視していきたいとの考えを示した。

IBPAPによると、技能向上プログラムの実施には400億ペソ(約850億円)の資金が必要になるという。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント