【韓国】LG化学のSKイノ提訴、東レも原告側に[製造](2019/10/02)

電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池の主要材料であるセパレーター(絶縁材)技術を流出させたとして、LG化学が26日(現地時間)に米国際貿易委員会(ITC)と米デラウェア州の連邦地方裁判所にSKイノベーションを提訴した件で、東レが原告に名を連ねていたことが1日、分かった。

LG化学がSKイノベーションに侵害されたと判断した特許権のうち、安全性を強化したセパレーター「Safety Reinforced Separator、SRS)」の米特許権については東レが共同所有していたため。東レが2015年9月に、韓国中部の梧倉にあるLG化学のセパレーター工場を買い取った際、同社の特許の権利についても東レに一部譲渡された。

SRSは、LG化学が04年に独自開発したバッテリーの安全性を強化する技術。セパレーターの原反(後加工前のフィルム)にセラミックをコーティングして熱的・機械的強度を高めることで、内部短絡を防止できるようにした。

LG化学は、同技術について、07年に韓国、10年に米国、12年に中国、14年に欧州と日本でそれぞれ特許登録している。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

公式Facebookページ

公式Twitterアカウント